ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

霊界通信 イエスの少年時代 イエスの成年時代


f0362049_22071656.jpg

素晴らしい感想を頂きましたので転載いたします。

イエスの少年時代と成年時代を読みました。
今までこの本の存在はずっと前から知っておりましたが、あえて避けておりました。
キリスト教のドグマに洗脳されていた苦い経験から拒絶反応のようなものです。
しかし、ブログ(シルバーバーチを拠り所にして)の感想をみて思い切って取り寄せて読んでみました。
イエスの少年時代と成年時代のいわば上下で完成した本ですが、従来の聖書は人間の手で書き換えられており、カミンズのこちら
の方が“真の聖書”だと思います。
ナザレ人イエスの人間としての葛藤やあえて人を避けた生活をやめ、世俗社会の中に身を置き、家族を始め様々な人間間の葛藤や試練・困難に遭遇して霊性を引き出していくという正に我々の手本を示されたのだと思います。
世の中の社会的地位の高い人やお金持ちがいかに神の道から遠いかがよくわかります。
これは今でもキリスト教の組織や唯物拝金主義の中にみられ全く当時と変わっておりません。
聖書に書かれている初めから神格化されたイエス像から、私の中ではとても身近なナザレ人イエスに変わりました。
今後も折に 触れ大切に読み直してみたいと思っております。

以上、心に響く内容でしたので紹介させて頂きました。

私もイエスがキリスト教の神格化されたイエスじゃなくて、偉大だけど身近な人ということがわかってとても嬉しかったです。

私は「イエスの成年時代」に出てくる口のきけないアサフが好きだな。
イエスがアサフにこう言うの。
「アサフよ、よく聞きなさい。私と運命を共にすると、必ず悲しい最期がやってくるんだよ。私はおまえを巻き添えにはしたくないんだ。だから私と分かれ町へ行きなさい。」
で、アサフが砂の上に文字を書いて返答するんだけど、超格好いい。男前すぎ!!
「あなたなしで命をながらえるくらいなら、いっそ共に死んだほうがましである。」

私も、アサフと同じだな。霊的真理が根付かない場所では生きられない。
スピリチュアリズム運動の最高指揮官がイエスで良かった。
イエスって霊的真理を誰よりも孤独の中で体得した人だから。
この人こそスピリチュアリズム運動の中心になるべき人だって、運命を共にしたいって思う。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-04-23 22:36 | 霊界通信 | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(4月)

日 時:2017年4月21日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
        死後の世界

3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-04-19 19:08 | 読書会 | Comments(0)

危険を冒して地上へやってくる

われわれは肉体という鈍重な衣服をまとってホンの束の間を地上で暮らしているわけで、すぐにまた元の生活すなわち霊界での生活に戻るわけです。つまり、もともと霊界で暮らしている者が危険を冒して地上へやってくるにすぎないのです。『近藤千雄 古代霊は語る』

って 近藤先生もおっしゃってるし・・・

あなたの地上生活は霊の幼稚園のようなものと思えばよろしい。真の自我である霊が私たちの世界つまり霊界での生活に備えるために、この地上で学習をするのです。しかし現実には、あまりに多くの人間が何の備えもなくやってまいります。そのため、こちらで改めて教育しなければなりません。地上でも,学校へ行かなかった大人に基本から教え直すのは難しいものですが、こちらへ来た人間に基本的な霊的教育をするのは、それよりはるかに困難となります。死後にも生活があり、そこでは地上生活の言動の一つ一つについての責任を問われるということを知れば、それからの人生観は一変するに違いありません。いえ、一変すべきなのです。『シルバーバーチの霊訓11』

って シルバーバーチの言葉もあるし・・・

世の中は学ぶためにあると捉えれば、苦しいことも辛いことも、深い意味のあることに変わってきます。
幼稚園くらいのレベルなら失敗も間違いもいっぱいするよね。
保護者である守護霊さんもガッツリ守ってくれる。

地上で学べる限り、いろんなことを学んでいきたいです。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-04-17 16:08 | スピリチュアリズム | Comments(2)

地縛霊予防

>大抵の人は、すっと霊界に上がれるような気がする。

>老後が長いとこの世の執着が薄れるのかなぁ。

>だってうちの施設、地縛霊いないもん。


って昨日のブログで、どや顔で自慢したことが恥ずかしいっっ・・・

うちの施設だからとか、病気が長いからという訳ではなく、これって霊界側の必死のフォローのおかげなのね。

今日の関西シルバーバーチ読書会で、死者の霊を地縛霊にしないために、霊界側が色々な救済をしている現実を教えてもらいました。

死んだことが分からないってことは、いきなり言葉のわからない外国に一人置き去りにされることと同じなんだって。

昔ミュンヘンの空港で一人迷子になったとき、パニックで泣き叫んだ、あれ思い出して、ぞっとしたわ。


常日頃から、入居者さんに 冗談っぽく

「いい人のお迎えがくるまで死んじゃいけませんよー。」

って言ったりして「死ぬのは恐くない」をアピってたりしたけど

一歩踏み込んで

「いい人が迎えにきたらちゃんと後をついていくんですよ。」

と一言付け加えておこう。

地縛霊予防、迷子霊予防のために!!


[PR]
# by chiririn9683 | 2017-04-08 22:15 | 仕事 | Comments(2)

また一人

地上生活の総決算をする時がきたとき、つまり地上に別れを告げて霊の世界へと移られると、誰がするというでもなく、自家作用によって、自分で自分を裁くようになります。その時の判断の基準は地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。世の中のためにどれだけ自分を役立てたかということです。『シルバーバーチの霊訓7』


また一人お年寄りがお亡くなりになった。

お綺麗で上品な顔立ちの女性だが、暴力や暴言も荒ましい方だった。

でもね、亡くなる前はかなり衰弱していたからか、皆にニコニコして「ありがとう」を連発してた。

亡くなったお顔も安らかで綺麗だった。手も中々冷たくならなかった。

ご家族さんも、「今まで苦しかっただろうによく頑張って生きてくれた」って。


霊になった今、自分を自分で裁くことになる。

旦那の浮気相手だと勘違いして、入居者女性や職員を追いかけ回して叩いていたことは、病気だったからお咎めなしかなぁ・・・


今、彼女をイメージしてもニコニコした顔しか念が来ないんだ。

きっと霊界で楽しくしていると思う。


大抵の人は、すっと霊界に上がれるような気がする。

老後が長いとこの世の執着が薄れるのかなぁ。

だってうちの施設、地縛霊いないもん。


[PR]
# by chiririn9683 | 2017-04-07 21:00 | 仕事 | Comments(0)

密林で行方不明になった男性の供述

ネットでのニュース記事


25歳のチリ人男性が公園内で突然消息を絶ったが、ジャングルで行きのび、9日後に発見された、というニュースです。

で、どうして行方不明になったのか、男性(マイコールさん)が語る内容が実に示唆に富んでいます。

 姿を消した晩に、不思議な、恐ろしい考えが心に忍び込んだとマイコールさんは明かした。熱帯雨林から出たいという衝動を覚え、抑えることができなかったという。

「それで走り出した」とマイコールさん。「サンダルをはいていたけど、『だめだ、これじゃ速く走れない』と言って脱ぎ捨てた。携帯も懐中電灯も捨てた。走りに走ったあと、ある木の下で止まり、『何てことをしたんだ、何をしているんだ』と考え始めた。そして、戻りたいと思ったときにはもう戻れなくなっていた」

 捜索に当たった面々は、デュエンデ(いたずら好きの妖精)が一時的に彼を惑わせ、別の次元に誘い込んでしまったと信じている。異常な考え、シャーマンの証言、奇妙な蒸発といったすべての兆候が、それを示しているとのことだ。

 一方マイコールさんは、そういうことではなかったと主張する。彼はシャーマニズムもボリビア低地の文化も信じず、神だけを信じている。そして、あの晩に自身に何か起こったことが完全には分からないものの、ジャングルで九死に一生を得た経験は決して忘れられないと話した。



・・・・だそうです。
そうか。これが世に言う神隠しの真相だな。
低級霊が、彼に憑依したんだろうね。

現地の儀式を断った、ということで、心に隙が産まれたのかもしれない。
もともと、低級霊と繋がりやすい憑依体質だったのが一番の理由だと思うけど。

憑依霊に引っかからないためには、己の霊格を上げておくことでしょうね。しみじみ・・・・

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-29 21:40 | Comments(0)

「笑顔笑顔でぶっ通す」の修行

笑顔のあるところに大霊の働きがあるのです。悩みの中にあっても笑いを失ってはいけません。それができるようになれば何事も必ず解決します。このことは私が永いあいだ繰り返し申し上げてきたことです。俗世のことに悩まされて笑顔を忘れるようでは、まだまだ真理を悟ったとは言えません。『シルバーバーチの霊訓12』

って、シルバーバーチの言葉だし、滝師匠も滝行より難しい修行かもっておっしゃってるし、日常の中で簡単に出来そうだしで、
「ひたすら笑顔の修行」を実行しているのですが・・・
これが修行を意識した時点でハードルがググッっと上がるんですよ。

人との関わり合いが絡むと、本当に難しいです。
というか、不可能レベルだと思う。

少しは笑顔を意識したぞっ、ていうくらいの頑張りでも立派な修行ですね。
施設の入居者さんや同僚には100%笑顔で対応できてもね・・・・
身内には、疲れている分厳しいわ・・・

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-29 08:43 | 修行 | Comments(0)

スピリットヒーリングとサイキックヒーリングの違い

「レイキは辞めだ辞めだぁ~!ってことで、ここは一つスピリット・ヒーリングで・・・・」

と、私の友人(霊能者)にヒーリングさせて頂きました。

先に結果を言うけど、失敗だからね。

ただ、スピリットヒーリングとレイキ(サイキックヒーリング)の違いだけはよ~く分かりましたので書きますね。

ヒーリング開始30分前に、普及会スピリット・ヒーリングの箇所を読んだり、シルバーバーチを読みました。
祈りを捧げ、その後瞑想していると、周囲に何人もの霊が集まってくるのが感じられました。一糸乱れぬチームワークで、無言のまま私を囲んで動いています。時々黒い点とか白い光が見えます。色濃い霊の気配。

(※ちなみにレイキではナスカの地上絵のようなシンボルを空中に書き、マントラと言われる呪文を唱えます。当然霊の気配を感じることはなく、エネルギーが自分の手に満たされることで温かく痺れのような感覚が直ぐに来て、そのまま相手の姿を思いながらエネルギーを照射するイメージを保ちながらヒーリングします)

「わぉっ!これはいけるぞ!」となんか嬉しくなってきます。

しかし、約束の時間が来て、いざヒーリングを開始しても、全然エネルギーが流れないのです。
霊界の霊がスタンバイしているのにですよ。焦る焦る!!
こうなると、雑音とかも気になり出すし、集中力もへったくれもあったもんじゃない。
停止しているエスカレーターの階段をひたすら上がっている感覚で、動揺しまくります。

「これではいけない」と、中断し、途中ハリーエドワーズの霊的治療の解明という本を開けて心を落ち着かせようとします。
丁度、ヒーリング中に爆弾が飛んできてヒーリングを中止した、という内容の箇所だったので、
「なるほどね。霊的治療には時間通りの規則性などないのね。リベンジじゃー!!!」
と、ヒーリングを再開してみたのですが、どうしてもエネルギーが流れないのです。
10分くらいして、霊の気配が消え、自分も諦めて、終了しました。
頭の中のイメージは、
水道管の配管の口径が合っていなくて、霊界が私に繋ぎたくても繋がらない図が出てくるの。
当然、友人は霊体でエネルギーをキャッチ出来なかったそうです。

でも、今回のことで、
スピリット・ヒーリングって、本当に霊医の集団がいて、私のような繋がらない輩でも 私の呼びかけに応じて全力を尽くしてくれていることが分かりました。
レイキとは全然違う。スピリット・ヒーリングは実際に霊医がいるもん。

もし、スピリチュアリズム普及会の公開ヒーリングに行かれるなら、霊医の存在を素直に感じてみて下さいね。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-23 23:59 | ヒーリング | Comments(0)

肉体行の弊害について(メール紹介)

滝行が趣味の滝師匠からの回答がすごく良かったので紹介しますね。

以下転載 <肉体行の弊害について>↓

肉体的な面と精神的な面で弊害があると思います。

肉体的な面というのは行をやりすぎてしまって
肉体を痛めてしまって身体的な障害を負う結果になる、ということだと思います。

行をやればやるほど「もっと出来るじゃないか。もっと出来るじゃないか」とエンジンがかかってしまって
自分の限界のコントロールを誤り、調子にのってどんどんやりすぎてしまうことがあると思います。
その結果肉体を痛めてしまい、健康を失うという弊害があると思います。

それと関連していると思いますが、
もう一つの精神的な弊害は、ちりりんさんの仰られるように「自己の追求」の結果
いわば「傲慢」になってしまうことだと思います。

たとえ「傲慢になってはいけない。天狗になってはいけない」と思っていても
「天狗になっていないつもりの大天狗」なってしまう怖さがあると思います。
それは一見謙虚そうに見えても内心に思い上がりがある、という感じです。

でもそれはある意味仕方のないことだと思います。

修行をすることで、自信はつきますがそれは即思い上がりを意味するところがあるのかなと。
ですが「修行=傲慢」という図式はいわばワンセットで切り離せない仕方のないことだと思います。



苦行をやれば「自分は人には出来ない苦行をやったんだ」「自分には人にはない霊感があるんだ」
みたいな感じで、いわゆる「行者天狗」になってしまう人もいると学んでいます。
「行者天狗」の人は自分で天狗になっているとは思っていないところがあって
いわば低級霊系の霊界に通じてしまっているイメージがあります。

僕は「神さまの引っ掛け問題」と呼んでいますが
修行をすることで、引っかかって「行者天狗」もしくは「天狗になっていないつもりの大天狗」になるのではなく
これは引っ掛け問題なんだと見抜いて更なる謙虚さにつなげていく

結果的に傲慢な方向にいきそうな自分を克服して
更なる「謙虚さ」につなげていくことが出来たら理想的だと思います。

霊的成長にとって謙虚さはすごく大事だと思います。
シルバーバーチの謙虚さを模範としていれば大丈夫だとおもうのですが

謙虚さを失いそうになったら、すぐにシルバーバーチの謙虚さを思い出して
「シルバーバーチはあんなにすごいのに名前すら名乗らなかったんだよなあ」と
すぐに思い上がってしまう自分を恥ずかしく思って諌めたり。

全然未熟な自分が言うのも恥ずかしいのですが
「修行→謙虚さを学ぶ」、という方向に修行をつなげていけるように意識しています。

修行は自分で考案してもいいと思います。
例えば24時間「ずっと笑顔でいる行」とか。

「山の行より里の行」という言葉がありますが
別に山や寺に行かなくても日常生活の中で出来るという行です。

四六時中一人でいるときもどんなときも
ぶっ通しで笑顔笑顔でいる「行」ってすごいと思います。
この行はいつかやってみようと思っていますが、
日常生活は笑ってられないことばかりでなかなかどうして
極めて難しい行だと思います。

おそらく冬の滝行よりレベルは高いと思います。
いつか挑戦してみますね。

修行は明るくウキウキした気分でやると良いと思っています。
霊的成長するために修行するわけですから
明るくウキウキ楽しく修行するのが正しいと思います。

霊的成長が嬉しくてたまらない。
大霊への感謝が嬉しくてニコニコがとまらない、みたいな。

未熟な僕ですが、もしよろしければ参考にしていただければ嬉しいです。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-19 22:00 | 修行の危険性 | Comments(2)

レイキを捨てる

私は、磁気エネルギーをタップタプに持っているもんだで、結構気軽にバンバンとレイキヒーリングしていたのだが、もう止めることにした。
今日のゴミ収集日にあわせて、伝授書もろもろ捨てた。

あーすっきり。
やっとシンボルとかマントラとか、宗教の儀式のような創始者の決め事から抜け出せた。

止めた理由。
ある霊能者にヒーリングしたところ、私のサイキックエネルギーの雑味を指摘されたから。

レイキは地上のエネルギー、肉体エネルギー、もしくは精神のエネルギーだから、肉体本能なり感情なりの「私」も多少付加されてしまう・・みたいな。

まぁねっ、他の人には分からないほどの僅かな瑕疵だと思う。
しかし、霊能者の霊能者たる所以は、人が感じないレベルの弱い波動を拾う能力が突出して高い、ということなのよ。拾われちゃったぁー。

しかも、これで2例目。
以前、他の霊能者にヒーリングしたことがあって、その時は、送っている私自身がその波動に気がついた。
その時は無視したんだけど。

他のレイキヒーラーが私と同じかどうか知らないから、レイキの危険性はわからないけど、私はこれにて足を洗うわ。

さようなら~1万円! エネルギーワークって見えないのに高額だから、コピーもとって大切に扱っていたの。
それが今となっては見えないゴミ・・・

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-17 21:29 | ヒーリング | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のおしらせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(3月)

日 時:2017年03月17日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
          第一章 人間の構造と霊魂観

3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-13 21:57 | 読書会 | Comments(0)

断食の危険性

(問い)世俗から隔絶した場所で瞑想の生活を送っている人がいますが、あれで良いのでしょうか。
「“良い“と言う言葉の意味次第です。世俗から離れた生活は心霊能力の発達には好都合で、その意味では良いと言えるでしょう。がわたしの考えでは、世俗の中で生活しつつ、しかも世俗から超然とした生活の方がはるかに上です。つまり霊的自覚に基づいた努力と忍耐と向上を通じて同胞のために尽くすことが、人間本来のあるべき姿だと思います。『シルバーバーチの霊訓4』

世俗から離れての生活って言えば真っ先に思い浮かべるのが修験者とか修行僧とか。
根性なしの私じゃ絶対に出来ないから憧れてたんですけど、自分がまねごと断食をやってみて弊害が分かってきた。
断食を繰り返すことで、確かに霊感は伸びたように思う。
しかしその霊感で他者の欠点や未熟な部分が吐き気がするほど嫌になった。
その結果 ますます孤独万歳、他者と関わりたくないっていう、自己中な考えに陥った。
これじゃ、大霊の御心の真逆ではないか。同胞に尽くすどころか、同胞を毛嫌いしてくるのだから・・・・・。
ううーーん。参った!!
さすがに憑依はされないけど、これ以上理由のない断食は無理だな。

それに何だよ。断食を繰り返したけど、その後爆食するから、体重はすっかり+3Kg。
まあ、どうでもいいのだけど・・・・、いや、本当にいいのか?このままでは相撲がとれるぞ。

(問い)世俗から離れた生活は自分のためでしかないということでしょうか。
「いちばん偉大なことは他人のために己を忘れることです。自分の能力を発達させること自体は結構なことです。が開発した才能を他人のために活用することの方がもっと大切です」『シルバーバーチの霊訓4』

うえーん。
決して自分のためにやったわけではないのよ。でも、回り回って自分だけのためになってしまった・・・・
シルバーバーチの言葉が骨身に染みる。自分の馬鹿さ加減が痛いわ。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-09 21:00 | 断食 | Comments(0)

いつか霊的覚醒が・・・

死んで間もない段階では地上にいた時と少しも変わりません。肉体を捨てたというだけのことです。個性は同じです。性格も変わっておりません。習性も特徴も性癖もそっくりそのままです。利己的な人は相変わらず利己的です。欲深い人間は相変わらず欲深です。無知な人は相変わらず無知のままです。落ち込んでいた人は相変わらず落ち込んだままです。しかし、そのうち霊的覚醒の過程が始まります。いわゆる“復活”です。『シルバーバーチの霊訓12』


施設には寄りつきもしなかったけど、(ちなみに家族さんも、寄りつきもしなかった)私個人的には何度か思念が届いてて、身軽な霊として幽界と地上界の堺目を楽しく満喫しているもよう・・・・。

私のトイレ介助は不満だらけだったようで、駄目だしのメッセージまで思念で届いたわ。
もっとギリギリまで便座に車いすを近づけて欲しかったって。
了解!他の利用者さんには、そうしてみるね。

おばあさんが救急搬送されて3日後かな。実はかなり私の近くで気配を感じていたんだ。
その週は仕事が非番で情報が全く来なかったけど、何か異変が起こっているような気がしていた。
しかし、
出社してみると、おばあさんは相変わらず入院中だということ。
その時は、何故、そんなに気配を感じるのか不思議だったのだけど、
後で聞いた話によると、救急搬送3日後に意識不明になり、二週間後に意識が戻らないまま他界した、ということだった。
どうやら、おばあさんが意識不明になった時、私の意識と繋がったみたい。
だからどうだっていうことでもないのだけど、こういうこともあるのかなあ。

シルバーバーチは「どんな人もそのうち霊的覚醒の課程が始まる」って言ってるから、このおばあさんも、まあ大丈夫だと思う。今は全然だけど。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-03-05 00:27 | 仕事 | Comments(0)

公開ヒーリングの募集が始まりましたね

今春も、京都で
日本スピリチュアル・ヒーラーグループの公開ヒーリングが開催されるみたいです。
ご興味のある方は是非ホームページを覗いて見て下さい。

さて、この団体の公開ヒーリングの説明です。
公開ヒーリングは、「本物のスピリチュアル・ヒーリング」を体験し、霊的世界の素晴らしさを実感していただく絶好の機会です。私たちは、公開ヒーリングを通して参加者の皆さんが霊的世界に触れ、その存在を身近に感じ、霊的人生の新たな一歩を踏み出してくださることを心から願っています。

もちろん、スピリットヒーリングで病気が治ることは大変素晴らしいことなので、それを前提にして私の思いを書きますね。
病気治癒だけなら、断食や投薬治療等、様々な治療方法があります。
いずれも大変な苦しみを味わいますが、甲田先生も「病気はありがたい修行」と言っておられますし、カルマを浄化させ、自己刷新させるためにも受けるべくして受けるものだと思います。

公開ヒーリングが他の治療法とは違うのは、霊界の存在を認めることで病気が治るような思考と生き方を手に入れる、まさにこれです。霊界の存在を確信する絶好の機会だと思います。

公開ヒーリングは抽選なので、参加できない方も当然いらっしゃるとは思います。
でも、それでも絶対大丈夫。霊界に心を合わせられる人は、きっと霊界から多大なる援助と導きを受けますから。
最近、霊界からインスピレーションで、
「あなた方を通して霊界は活動しております」と、やたら明るく励まされております。
だいたいねぇ。こういう励まし方をされること自体、霊界の配慮というか・・・仲間はずれ的な気持ちをけん制してるだろうが。プンスカ!

われわれは大いなる神の計画の中に組み込まれていること、一人ひとりが何らかの存在価値をもち、小さすぎて用の無い者というのは一人もいないこと、忘れ去られたりすることはけっしてないことを忘れないようにしましょう。そういうことは断じてありません
『シルバーバーチの霊訓7』
どうぞ、参加されても、参加されなくても、瞑想で霊界の威力を身近に感じてみて下さいませ~
f0362049_00021366.jpg


[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-26 21:09 | 公開ヒーリング | Comments(0)

気合いだー!!

霊優位のための闘いは、本人の気迫がすべてを決定します。本人が霊優位の努力の重要性を自覚し、全力で立ち向かおうという意志がなければ達成できません。

最近 私の口から断食の「だ」の字も出ないこと、みなさまお気付きでしょうか。

年越し断食から、もうすぐ二ヶ月
断食ハイの高揚した気分もすぐに抜け、毎回負けっ放し。

朝食は抜くんだけど、その後についつい食べちゃって、その内「もう皿まで食べてやる~」と爆食三昧。
こう負けが込むとねぇ。霊主肉従も空しくなり、昼からお菓子ばかりで負のスパイラルに突入。

すっかり気弱になって、滝行が趣味の師匠にお話を伺ってきました。
なにやら2月も打たれてきたそうで・・真冬の滝行なんて、温冷浴でもイヤな私にはありえないチョイス。
師匠は 自己催眠が得意なのだろうか、とか、意思が特別強い人なんだろうか、とか、人より神経がアレなんじゃ・・・とか
想像していたのだけど、
『修行を成功させるコツは前日から強く決意を固めて「気合い」を入れること』と教えていただきました。

そうか、私もそれなりに「気合い」を入れてるんだけど、お菓子食べながら「明日から断食しよう!」だもんな。
気合いの質が全然違~う。

「霊優位のための闘いは、本人の気迫がすべてを決定します」って普及会のにも書いていたし。

滝に打たれた時は冷たさに背中をえぐられるような衝撃なんだって。
それを聞いて、今年は滝行がメイン予定だったんだけど・・・決行するにしても夏にしようと尻込みモードです。

※滝師匠から補足が来たよ!やっぱ修行は魂の行ですね↓

「もう少し詳しくお伝えしますと、修行の前日にはまず部屋を掃除し身だしなみを整え履いていく靴や服などの状態を整えます。
そうした前日の準備を行うことによって自然と魂が鎮まり覚悟が決まるのです。」

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-21 08:59 | 断食 | Comments(0)

「一週間で記憶を失う彼女」どころの話じゃないぞ

うちの施設に新しい入居者の女性が来た。

まずは、認知症の古株女性陣に 新入りさんと一緒にごあいさつ。

「これからお世話になります。どうぞ宜しくお願いします。」

お互いニコニコと笑いあって、では、後ほど・・・と、次々とあいさつ回りをする。

と、ここまではスムーズな流れなのだが、次の瞬間、背筋の凍るような声が・・

「あの人だれ?全然挨拶ないじゃないの。失礼な方ね。泣かしてやろうかしら。」
古株女性陣が真顔で怒っている。

一週間で記憶を失う彼女どころの話じゃないぞ!認知症恐るべし。
ほんの5分前のことでも覚えていないのだ。

職員の「んまあ。忘れないでよ。さっき挨拶に来たじゃない。」
という説明も、延々ループを繰り返す。やれやれ

その後も新入り女性にやきもち焼いて、古株女性陣は色々と意地悪をしたり、むくれたり。
仕方ないから古株にお菓子でご機嫌を取る。

女の本質は嫉妬だな。
新入り女性も誰もいないところで肌の綺麗さを自慢するし・・。あー疲れた。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-19 07:43 | 仕事 | Comments(2)

空気が軽い

きゃんちゃんは私の仕事仲間。彼女は霊が見えるタイプ。
最近、彼女と会話は、もっぱら「今日も空気が軽いっ!!」

先日、救急搬送されて、うちの施設の方が亡くなったのだが、
きゃんちゃんによると、普通他界された後、一度は霊となってお礼に来たりするものだが、その人(霊)だけは気配が全くなし。
私も気配も感じない。彼女特有のどんよりとした空気の重さがないのだ。

その人、大変なお嬢様で我が儘な方で、職員を「メイドさん」と呼び、すぐに呼びつけたり机を叩いて怒鳴ったり
とにかく手のかかる方だった。
車椅子で、心臓が悪く、耳も聞こえず大量の薬付けの生活。なので、いつも「こんなとこ出て行きたい。」「立って歩きたい。」
すぐにイライラして「あなたって分からない人ね。」が口癖。

だもんで、せっかく他界して自由に歩けるのに、「こんなとこ」である「この施設」に、来るはずかない。
毎日空気が軽いはずだ。

やっと、自由になれたんだなあ・・・と喜んであげなきゃなあっ

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-15 19:30 | 仕事 | Comments(2)

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(2月)

日 時:2017年02月17日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
          顕在意識と潜在意識
3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-14 19:54 | 読書会 | Comments(0)

お礼を言いたい!

こんな個人的なことを ここのブログに載せていいのだろうか、と気がひけるが、
ええい、私のブログだ、構わない。

東京シルバーバーチ読書会の人→親切な人→私 という流れで、潜在意識の資料を頂けたおかげで、ものすごく潜在意識の理解が進んだ。
お礼を言おうと、東京SB読書会ブログにメールを送ろうとしたけど、Outlookではないか。


私のPCは設定ミスしまくって、Outlookは未来永劫開かない仕様にバージョンダウンしたので、お礼が言いたくてもメールが送れません。
直接お礼を言うことができなくてすみませんが、本当に感謝しているんです。
この資料、大切にさらに読み込ませて頂きます。
東京SB読書会と、経由して下さった方に感謝します。手を差し伸べて下さり本当にありがとうございました。

少し理解が進んだこと。

潜在意識は「立体的な意識」なんだな。
浅い意識から奥に進めば進むほど深い意識とつながる。
「奥行き」というキーワードで、やっとシルバーバーチの言う「潜在意識の深奥」という意味を掴めました。

私的には海のイメージが浮かんできました。
浅い海は、汚くゴミも浮かんで汚い水だけど、深く深く、更に深く潜れば、海洋深層水もとれるし、全く違う世界が広がっている。
そんな感じでインディビジュアリティの深い部分を顕現すればするほど、神性が発揮されるんだろうな。
より多くの潜在意識を顕現させた人が聖人ではなくて、より深い潜在意識を顕現させることができた人が聖人なんだと理解しました。
ちょっとすっきりです。
f0362049_14190435.jpg







[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-12 23:20 | 読書会 | Comments(0)

アメリカの混乱

すごいね。シルバーバーチは卓越した回答を示している。
今のアメリカの問題は、昔のアメリカの問題でもあったってことで、そして、これからの人類全ての問題でもあるってこと。
特定の国民だけを入国させないというクレージーさは、霊的摂理からズレすぎ!
アメリカの混乱はこれからも続く・・・だぞっ


私にとってはどの人間もみな“肉体を具えた霊魂(スピリット)”です。私の目にはドイツ人もイギリス人もアメリカ人もありません。みなスピリットであり、大霊の一部であり、神の子供です。時にはやむを得ず対症療法として罰を与えねばならないこともあるかもしれませんが、すでに述べた通り、新しい世界は憎しみや復讐心からは生まれません。すべての人類のためを思う願望からしか生まれません。復讐を叫ぶ者-目には目を、歯には歯をの考えをもつ者は、将来の戦争のタネを蒔いていることになります。すべての人間に生きる場が与えられております。理性と常識によって問題を解決していけば、すべての者に必要なものが行きわたるはずです。こういう説明よりほかに分りやすい説明が見当りません。あなたの国(米国)はなぜあの短い期間にあれだけの進歩を為しとげたか。それは一語に尽きますー寛容心です。英国が永い歴史の中で発展してきたのも寛容心があったからこそです。米国は人種の問題、国籍の問題、宗教の問題を解決してきました。黒人問題もほぼ解決しました。その歴史を通じて全ての人種にそれぞれの存在価値があること、人種が増えるということは、いずれは優れた国民を生むことになることを学んできました。今あなた方の国が体験していることは、やがて世界全体が体験することになります。米国は世界問題解決のミニチュア版のようなものです。例えばあなたの存在を分析して見ても遺伝的要素の一つ一つは確認できないでしょう。それと同じで、米国は雑多な人種から構成されておりますが、その一つ一つがみな存在意識をもっており、雑多であるがゆえに粗末になるということはありません。逆に豊かさを増すのです。成長の途上においては新しい要素の付加と蓄積がひっきりなしに行われ、その結果として最良のものが出来あがります。それは、自然というものが新しい力、新しい要素の絶え間ない付加によって繁栄しているものだからです。限りない変化が最高の性質を生むのです。大自然の営みは一ときの休む間もない行進です。『シルバーバーチの霊訓3』

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-08 14:59 | 霊的真理 | Comments(2)

ガンステージ4の女性

ヨガ教室の新年会がありまして、先生を囲んで宅配弁当のちょっとした集まりだったのですが
テーブルには、おせちを彷彿とさせるオードブルが豪勢に並んでいました。
うわっ美味しそう~^^。あっという間に売り切れでしたが、
数の子のサラダとか、黒豆とか、手作りして下さったのは、とても細い初老の女性。

彼女は胃がんが転移して、胃と胆嚢と腸と膵臓の一部を切除しています。
ステージ4からの帰還。体重も26Kgを行き来し、生死の境を何度も彷徨ったそうです。

今はとてもお元気で、生きていることは奇跡だからって、沢山の人に喜んで貰いたいと、御馳走を作ってきて下さいました。
帰りも、皆の宅配弁当の空き容器を持って帰るというので、理由を尋ねてみたら、
「これに料理詰めて、独り暮らしのご近所さんに配んねん。」
と。徹頭徹尾、人に喜んで貰いたいっていう気持ちが溢れています。

心がホカホカして、いいなあって素直に思いました。
人のためにって思ってても、段々理屈っぽくなって頭でっかちになってきた私に、良い薬になりました。

人を喜ばせるってことが一番ですよね。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-06 18:21 | 人びと | Comments(0)

潜在意識のコントロール

今の私は、霊媒の潜在意識をコントロールしています。これで全身の機能をコントロールすることができます。つまり、霊媒の意識と入れかわっているわけで、霊媒の同意を得たうえでやっていることです。こうしているときは、霊媒の身体をお預かりしているわけで、用事が終わるとオーラから脱け出ます。すると、霊媒本人の意識が戻って、ふだんのコントロールを再開します。『スピリチュアルな生き方Q&A』

以下の文は
スピリチュアリズム普及会さんの3)潜在意識のさまざまな働き の要約

話すことや歩くことをはじめ、食べたり飲んだりといった多くの地上人生における身体活動は、繰り返し学習の機能により、潜在意識によって、すべてが自動的にコントロールされるようになり、死後、霊界にまで持ち越されることになる。

霊が、地上人間の潜在意識を支配して出現する場合、かつての地上時代の自分の身体機能(脈拍、体温、心拍など)を再現させる。


潜在意識は、殆どの顕在意識をコントロールしており、潜在意識は、普段の顕在意識の思考パターンを記憶しているため、突然の質問に対しても、反射的に答えを出すことができるようになっている。


前世に関する個人情報・この世で学んだ知識・睡眠中に入手した情報などが、脳ではなく、潜在意識に蓄えられている。


霊界では狂信的な地縛霊はいないが、霊を地上近くにまで呼び寄せて話をすると、地上の物質的雰囲気に触れる中で、間違った観念や知識や信仰が自動的に引き出されてしまうこともある。


というわけで、潜在意識とは、前世を含む自己の記憶の集大成であるってことでしょうか。

「潜在意識」自体は高次のものではないみたい。だから当然「良い」も「悪い」もない。記憶だから・・・。

寝起きに半無意識で何かを食べる癖は潜在意識のなせる業なのね・・・。小さい頃から食いしん坊だったから前世からの持ち越しかもしれんねぇ・・・。

仕方ないから、「潜在意識は普段の思考パターンを記憶していること」を逆手にとることにする。

つまり、今自分が把握している顕在意識の思考パターンを変えていくことによって、潜在意識を良くしていこうと思うわ。

f0362049_11113537.jpg














[PR]
# by chiririn9683 | 2017-02-01 14:21 | 潜在意識 | Comments(0)

依然として神に遠い

『私は生前こう考えた。人間は死んだらすぐ神と直接交通を行い、自己の取るにも足らぬ利害得失の念などは綺麗に振りすてて、礼拝三昧、賛美歌三昧にひたるであろうと、そういう時代も究極においてはあるいは到達するかも知れない。しかし現在のわれわれは未だそれを距ることは甚だ遠い。人間の地上生活は言わば第一の駅馬、われわれの進化の最初の駅馬にすぎない。現在の私の幽界の生活は第二の駅馬である。われわれはまだ不完全である。われわれはまだ個々の願望欲望を脱却し得ない。われわれは依然として神に遠い。要するに宇宙は私の想像していたよりも遙かに広大無辺であり、その秩序整然たる万象の進展は真に驚嘆に値する』

パーソナリティは地上でつけているマスクです。インディビジュアリティ、つまり本当の自我はめったに顔を出しません。(五感に邪魔されて)出そうにも出せないのです。死によって肉体から分離した時に自覚される大きな自我にくらべると実にお粗末なものしか表現しておりません。このようにインディビジュアリティはパーソナリティよりははるかに大きなものです。死後に生き続けるのはパーソナリティではありません。パーソナリティはインディビジュアリティによって投影された影にすぎません。そのインディビジュアリティが、肉体の死後、地上で発揮されなかった潜在的な可能性を少しずつ発揮していきます。
『シルバーバーチの霊訓10』

シルバーバーチは死んで肉体から分離した時に大きな自我を自覚する、と言っています。
一方ステッドは、死んでも願望欲望があり、不完全って言ってるし。

死んだら、肉体の本能から解放されて清々しい自分になるのか、生きてた時のまんまの煩悩満載の自分なのか、どっち??
って、少しだけ思考がまとまってきた。

大きな自我とは、決して立派な自我ということではないってことかな。
何でも見通すことが出来、真実の目で物事を理解できる自分、が大きな自我。
これなら、立派とは関係なく、洞察力が優れた自分ということだけで、霊格が上がったということには ならない。

死後、肉体を捨てて大きな自我を自覚するのなら、なぜ地縛霊が存在するのだろう?
霊界で進化する霊と、地上を彷徨う霊の違いって何かなあって、ずっと考えていたんだ。
どちらの霊も 死後、願望欲望が継続されるのは、本当だと思う。
それを俯瞰し、浄化し、霊性を発達させるのが殆どで、地縛霊は大きな自我で自分を俯瞰するも、地上への執着が強すぎなんだろうな。

こんなこと、当たり前田のクラッカーレベルの知識なのかなぁ?
f0362049_11122232.jpg


[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-29 23:03 | 霊界通信 | Comments(0)

インディビジュアリティの考察


f0362049_00474851.jpg
という図を、スピリチュアリズム普及会さんのスピリチュアリズムが明らかにした複雑な再生のメカニズム からお借りしてきました。


こうしてみると、地上界にあっては潜在意識 霊界にあってはインディビジュアリティ、ということなのかしらん。

どちらも霊的意識ですが、インディビジュアリティは、霊級霊から低級霊まで、霊格の高低が連綿と続く縦の集団というイメージ。

あくまで個人的な感想なんだけど・・・シルバーバーチ衝撃の一言
例えばこの霊媒(バーバネル)と奥さん(シルビア)と私(シルバーバーチ)とは一個のインディビジュアリティに所属しております。
で、私は縦集団のイメージが定着です。

バーバネルと奥さんはアフィニティだから霊格も同等、は いいとして、高級霊シルバーバーチと、再生人生を歩むバーバネル夫妻が同じ霊格のはずがないと思うの。
類魂は、同一霊格の横の集まり、インディビジュアリティは霊格が違うが同じ系統の縦の集まり。
こう考えると、自分的にナイスなんだけどなあ。どだろう(^^;)

さて、長いけど原本の引用はこちら↓
(問)一般的に言って指導霊というのは人間のパーソナリティの規模を拡張した、その延長と考えてよろしいでしょうか。それともまったく別個の存在でしょうか
(シルバーバーチ)とても複雑な問題です。今おっしゃったパーソナリティはインディビジュアリティに置き換えた方がよいと思います。私は物的身体から派生する人物像であるパーソナリティと、その人物像という仮面(マスク)の背後の実像であるインディビジュアリティとを区別しております。地上ではあなたという存在はあくまでも独立した一人物ですが、霊的なインディビジュアリティは必ずしもそうではありません。例えばアフィニティというのがあります。これは一個の魂が半分に分かれた存在で、二つが同時に地上へ誕生することがあるのです。それから私がダイヤモンドの側面にたとえている<霊相>とでも呼ぶべきものがあります。
一個のダイヤモンドがあって、それに沢山の”facet があります。それぞれが地上に誕生して体験を持ち帰り、ダイヤモンドの光沢を増します。さらにそのダイヤモンドがいくつか集まって一個のインディビジュアリティを構成しております。例えばこの霊媒(バーバネル)と奥さん(シルビア・バーバネル)と私(シルバーバーチ)とは一個のインディビジュアリティに所属しております。一人の支配霊がいくつかの類魂を従えていることがあるわけです。それを延長と呼びたければそう呼ばれても結構です。が、結局は同じことに帰一します。つまり地上で肉体を通して顕現するのはインディビジュアリティのごくごく小さな一部ということです。『シルバーバーチの霊訓10』

私が今謎っているのは
「潜在意識」は、高級な思考の集まりなのかどうか、なんです。
潜在意識は、地上に生きている今の自分より低い低級な意識は含まれていないのでしょうか。

スピリチュアル普及会さんの前回のブログ記事で取り上げたこの文章

潜在意識を多く顕在意識化できる人間とは、「霊性」の発達した人間のことです。そのような人は、必然的に精神的で崇高な人生を送るようになります。反対に霊的意識を全く顕在意識化できない者は、肉の心(動物本能)だけに支配された人生を歩むようになります。

潜在意識は崇高なもの、という前提で書かれておられます。
低い潜在意識をより顕在意識に引っ張り出した人っていないのかな?
例えば、アル中や麻薬中毒、この人たちは低い潜在意識を引っ張り出すかも?

他にも疑問があります。
動物本能は個体を生存させるために必要な本能ですが、そんなにレベルの低い酷いものなのでしょうか?
野生動物は、自分が生きる範囲でしか食べない、行動しない。
人間の潜在意識が人間個々の動物本能を助長して被せて、更に悪く強欲化しているのではないでしょうか?
動物本能だけの人間って、ターザンのイメージ・・・・ターザンが現代人より悪に染まっているように思えなくて。
まあ、人間は社会的動物だから環境次第のとこもあるけど・・・・

と、ツラツラと疑問を書いてみましたが、やっぱ、まだまだ勉強不足なんだろうな。
いずれ、理解できたらいいな、と思います。

f0362049_11115134.jpg




[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-27 00:43 | スピリチュアリズムの探究 | Comments(0)

潜在意識と高次の自分

物質界にあっても聖人は聖人ですし、最下等の人間はいつまでも最下等のままです。地上だから、霊界だからということで違いが生ずるのではありません。要は魂の進化の問題です。
『シルバーバーチは語る』

私たち各個人は〈肉体的な心〉のほかに〈霊的な心〉を持っています。
肉体的な心は、物理的な感覚の受容と感知、快適さ、性的表現、有機体の方向、地上的知識の収集と支配などとかかわっています。
霊的な心は、生命の持つ高低の動機、理想主義や野心、感情、愛、憎しみ、寛大さ、卑しさなどにかかわっています。意識はこの二つの心が出会う場所です。
肉体的な心は霊的な心に善悪いずれかの影響を与えます。
反対に霊的な心は肉体的な心を動機づけます。
『ハリー・エドワーズ 霊的治療の解明 抜粋』

地上人にとって「霊の心」の意識(霊的意識)の大半は、潜在意識となっています。霊的意識は地上人においては、そのほんの一部が顕在意識として自覚されているにすぎません。しかし死んで肉体・脳を捨て去ると、地上時代には自覚できなかった霊的意識を、すべて自覚できるようになります。今まで知らなかった自分自身の本当の心を発見することになります。そして自分の心の変化と広がりに、一様に驚くようになります。・・・
潜在意識を多く顕在意識化できる人間とは、「霊性」の発達した人間のことです。そのような人は、必然的に精神的で崇高な人生を送るようになります。反対に霊的意識を全く顕在意識化できない者は、肉の心(動物本能)だけに支配された人生を歩むようになります。


潜在意識を単純に「より高次元な自分」という捉え方をすると、シルバーバーチの言ってることや、エドワーズが言ってること、それに霊界下層の未熟霊のことなどの説明がつかなくなる。
潜在意識をより引き出すために ヘミシンクとか、ドラッグとか、瞑想とかの宗教的な修行があるけど、人によっては問題をいろいろ起こす。問題が起こること自体、けっこう低い潜在意識しか引き出すことができない低い意識の持ち主だから、ということではないか?

死ねば、顕在意識と潜在意識が合体して、「インディビジュアリティー」と呼ばれる、本当の心になる、というのだが
この「本当の心(自分)」という表現が曲者だと思う。

早い話、エロじじいが、死ねば肉体がないのだからという理由で、エロ脱却して聖人になる、ということなんかないはずだ。
地上生活で、己の快楽の追求ばかりしてたものは、死んでも自分の快楽にしか目が向かないだろう。
「卑しい」という霊的な心を地上で増大させたのだから・・・

インディビジュアリティーも、パーソナリティーと呼ばれる今の自分もさほど大差ないと思う。奥ゆきが違うだけで。
死んで肉体を脱ぐことによって、本能という肉体の心との葛藤がなくなるけど、葛藤に負ける性格の弱さ未熟さはそのまんま霊界に持ち越しだ。ただ死後も霊性を高めることで、より洗練された霊的個性(インディビジュアリティ)になっていく。

死ねば、肉体から解放され、いきなり小増しな自分になる、という甘い考えは捨てようと思う。
f0362049_11125141.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-23 18:13 | スピリチュアリズムの探究 | Comments(1)

お色気手当

最近 左の口端がピクピクとしびれる時があるんだ。
仕事の前の日とか、仕事中とか。なんかチックっぽいの。

ストレスらしい。

男ばかりの入居者さんに囲まれた「男祭り」のフロア。
職員さんは、みんな底抜けに明るい。だから見ていて楽しい。

介助中に、触られたりすると、
「はい! お色気手当ちょーだい!!」

車いすなどに移乗させる時でも
「今だけ特別や!背中触らしたろ!!」

セクハラにも顔色一つ変えずに笑いに変える。
冗談ばかり言いあって、職員同士を貶したりなどしない。

私だって上手く対応しているはずだけど・・・なんか、それもストレス。

霊的真理とは別次元で、現実の仕事で四苦八苦している私がいる。
環境に順応することって、ことのほか難しいみたい。

「お色気手当」なんていらないけど(実際もらえないけど)そう言って笑い飛ばせるくらいの豪快さは欲しい!
自分の弱さが職場のストレスとして体に表れているのかなあ。
f0362049_11123540.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-19 23:35 | 仕事 | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(1月)

日 時:2017年01月20日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
          顕在意識と潜在意識
3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-17 19:42 | 読書会 | Comments(0)

丹波哲郎サマ「大霊界」三部作

f0362049_20045614.jpg








ぷちサークルでの勉強会でのこと。メンバーで輪読するのが常なのだが、ニューズレター4号を読み上げていたら、突然、た・・・丹波哲郎???

道具意識は、時には「私はマウスピースにすぎません」(シルバーバーチ)という表現で語られることもあります。この言葉を思い出すたびに浮かぶのが、俳優の丹波哲郎氏のことです。彼はよく、「自分は霊界の宣伝マンである」と言っています。この言葉を通して、彼がどのようなスピリチュアリストであるのかが分かります。彼の言う「霊界の宣伝マン」とは、まさにシルバーバーチの言う「高級霊のマウスピース」のことであり、これまで述べてきた「高級霊界の道具」と同じことなのです。そこに丹波氏が、自分の人生を純粋に霊的真理普及のために捧げている、本物のスピリチュアリストであることが表れています。

「はい~っ???」全員大爆笑!!
「「丹波哲郎」ってGメン75の人よね~?」
「「丹波哲郎」って高級霊だったの?」
「そういえば、ドリフの天使のような映画あったよね。天使の格好して一斉に踊ってんのよね~♡」
「うちのお母さんが映画見に行った。」
「映画で借金作ったんだったっけ・・?」

ここに来て何故「丹波哲郎」なのか、何がどうして本物のスピリチュアリストなのか全然分からず・・ザワザワ・・・。

ところが、あなオソロシや~。丹波哲郎サマが、私らの不謹慎な会話を聞いていたかのごとく、一週間後には、「大霊界シリーズ全3巻」が、手に入ることとなる・・・

丹波サマの「大霊界」 こっちが驚いたわ~!!
映画の内容について言うと、死後の世界を忠実に忠実に再現しているのは良いが、「スピリチュアリズム」を盛りすぎて映画自体は沈没してしまった感が・・・(^^;;)
けど、見た人は、そのまんま信じていいよ。映像はともかく、中身はパーフェクト的に正しいから。
CG技術があればもっと良かったのにね。昭和臭がきつくて、ここら辺が時代の先端を行きすぎた感じ。
天使の赤、黄 青の3色使いはキャンディーズだよね。これも昭和のレトロ感。
「大霊界3」が時代劇で、一番面白かった。これは今放送されても通用する。やっぱ、昭和の時代劇は秀逸だわっw。

冗談かと思っていたけど、確かに「丹波サマ」は「高級霊のマウスピース」ね。
こんなに早く視聴することができるなんて感激!!天国の丹波哲郎サマ ありがとう!!
ごめんね。笑いすぎて・・・・凄い大人物なのに。

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-13 20:06 | メディア | Comments(2)

インコにヒーリング

最近とみにヒーリングする機会が増加中。

昔、ネットで知り合った人に臼井式西洋レイキをザックリと遠隔伝授して貰ったから、自分のは一応レイキってことにしている。
しかし、そもそも臼井式には遠隔伝授ってものは存在しないし、ありえんほどの超安値だったりで、限りなくグレーゾーンなのだ。こんなんでも、そこそこ効き目はあるみたい。

先日も、インコの雛ちゃんが鼻水と生あくびでぐったりしているっていう依頼が来たので、
とりあえず写真を送ってもらい、その写真に向かってエネルギーを流した。
次の日には元気になったそう。

うちのインコもそうだが、動物は純粋な分、わりとこの手のエネルギーが効きやすい気がする。

もし、ペットを飼っているのなら、試してみたらいいよ。

右手と左手を合掌してしばらくすると、手のひらが温かくなる。
その温かさが、ヒーリングエネルギーだから、そのエネルギーを相手に送るようにイメージするんだ。

簡単。これだけなんだ。誰でもできるよ。
相手をいたわる気持ちがヒーリングだと思う。
f0362049_22431792.jpg
↑元気になって良かったね



[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-08 22:48 | ヒーリング | Comments(0)

断食は意識改革

目標をいつもその一点に置いてください。すなわち魂を生命の実相に目覚めさせることです。それがすべての霊的活動の目標――大切な目標です。ほかのことは一切かまいません。病気治療も、霊的交信を通じての慰めも、さまざまな霊的現象も、究極的には人間が例外なく大霊の分霊であること、すなわち今この時点においても霊的存在であるというメッセージに目を向けさせてはじめて意義があり、大霊から授かった霊的遺産を我がものとし、天命を成就するためには、ぜひともその理解が必要なのです。『シルバーバーチの霊訓 霊的新時代の到来 第4章P137』

年末に断食道場に2泊してきました。
冬って体重落ちやすいわぁ~!!はい。ー2Kg。目的が違うので、どうでもいいのですけど・・・
塩分が汗で消費されない分暑さでぐだることないから体も楽だし、夏より冬のほうが絶対ましよ~。

断食の目的は、「持病を治して寿命を延ばすため」だそう。つまり「元気で長生き」ってこと。

でも違うんだ~。寿命は決まっているもの。人は死んでも霊界で生きるから、寿命も死因も大した問題じゃないのよ。
そんなことより、自分の天命を知り、この世での役割を立派に果たしきるために、努力すべき。そのための一つのツールが「断食」だったり、「少食」だったり。
同じ断食するにしても、死後の世界を知っておくということは、本当にそれだけで最高に幸せなこと。
「寿命を延ばす」とか「健康になる」とか「痩せる」とかの肉体的価値に縛られなくてすむから、その分「霊主肉従」を堪能できる、純粋に楽しめる!!
なんせ、今回の断食目的は「愛と慈悲が実行できる肉体と心になる!」でしたからね。満足満足(笑)
(健康が目的だと、体操一つにとっても何回、何秒とか指示が細かいゾ!伸びやかに体操も断食もできんくなる)

あっそうだ。
「断食断食」って言ってるけど「長期の断食」は意外と問題多いらしいです。
一日断食くらいが丁度良いそうです。朝食抜きの半日断食でもいい。一ヶ月に1回か、2回くらい一日断食でもやればそれで上々です。
人間には本来断食なんか必要ないのだけど、現代人は食べ過ぎだからね~。たまには臓器を休ませる時間が必要らしいです。(病気治癒は別)
『参考 甲田光雄 断食博士の「西式健康法」入門 P152』


断食道場から視た風景。田舎万歳!↓
f0362049_11120441.jpg

[PR]
# by chiririn9683 | 2017-01-06 14:32 | 断食 | Comments(0)