ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

空気が軽い

きゃんちゃんは私の仕事仲間。彼女は霊が見えるタイプ。
最近、彼女と会話は、もっぱら「今日も空気が軽いっ!!」

先日、救急搬送されて、うちの施設の方が亡くなったのだが、
きゃんちゃんによると、普通他界された後、一度は霊となってお礼に来たりするものだが、その人(霊)だけは気配が全くなし。
私も気配も感じない。彼女特有のどんよりとした空気の重さがないのだ。

その人、大変なお嬢様で我が儘な方で、職員を「メイドさん」と呼び、すぐに呼びつけたり机を叩いて怒鳴ったり
とにかく手のかかる方だった。
車椅子で、心臓が悪く、耳も聞こえず大量の薬付けの生活。なので、いつも「こんなとこ出て行きたい。」「立って歩きたい。」
すぐにイライラして「あなたって分からない人ね。」が口癖。

だもんで、せっかく他界して自由に歩けるのに、「こんなとこ」である「この施設」に、来るはずかない。
毎日空気が軽いはずだ。

やっと、自由になれたんだなあ・・・と喜んであげなきゃなあっ

[PR]
by chiririn9683 | 2017-02-15 19:30 | 仕事 | Comments(2)
Commented by SBM0007 at 2017-02-15 23:51
ありがとうって思えないことって、可愛そうな感じがします。ありがとうって、思うとき、色々見えます。不思議なことだなと思います。
Commented by chiririn9683 at 2017-02-16 19:30
SBM0007さま

コメントありがとうございます。

>ありがとうって、思うとき、色々見えます。

へえ~。そうなんですか。
他界した方は、重度の心臓病で、痛みを堪えて生きておられました。それで、根性がひねくれてしまったのか、元々の性格なのか・・・。
彼女のエピソードをまた書きますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「一週間で記憶を失う彼女」どこ... 北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ >>