ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

似てる?

友人から「言ってること似てるから、一回話してみて」と紹介された。
お会いしたら、アジア人でインテリ階層の女性。

「人は死んでも魂残る。」
そうそう。そうなのよ~

「人は、騙したり悪いことしたり嘘ついたりしたら駄目。」
いいよ。その通り。カルマで自分に帰ってくるもんね。

「動物の肉、魚 一切食べない。」
わー。素晴らしい、私も食べないように気をつけてるんだ!

「だって、次動物に生まれ変わるかもしれない。仲間を食べることになる。駄目よ」
えっ?輪廻かよ。
どこがスピリチュアリズムと似ているんだ。

もう、ここからは耳を塞ごうかと思ったけど、頑張って耐えた。
「南無阿弥陀仏と朝から晩まで、一生唱え続けるの。生まれ変わらなくても良くなる。死ぬときも阿弥陀仏、言うね。」

「死ぬときは、まあ喋れない状態だよ」って言っても、
「それは駄目。絶対阿弥陀仏と唱える。周囲もずっと唱え続ける。」
そして、YouTubeで、実際の死に際動画を見せて貰う。
異様な光景に唖然。絶命寸前の病人を囲んでの茶番。信仰の凄みを感じる。

その人は3年以内に死ぬのが夢なんだそうだ。死んで、魂の古里に帰るそうな。
こんな人の帰る場所は、盲信を継続できる宗教施設だよ。

世の中の人は、スピリチュアリズムも仏教(?)も同じ括弧でくくっているんだ。
死に方に拘らないのがスピリチュアリズムなのに・・・・
阿弥陀仏なんて言葉で誤魔化されない。死後の世界が決まるはずがない。

日頃の私の説明が下手なのか、スピリチュアリズムという概念の「が」の字も知らないから仏教にすり替わってしまうのか。
ショックを感じた。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-07-19 17:48 | 先祖供養 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 北神戸シルバーバーチ読書会のおしらせ 霊に憑依された人間の気持ち >>