ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

2017年 12月 31日 ( 1 )

来年の目標

「私はラベルには関心がありません。私はなるべく地上のラベルには係わり合わないようにしております。理想、理念、動機、願望───私にとってはこうしたものが至上の関心事なのです。たとえば自らスピリチュアリストをもって任じている人が必ずしもスピリチュアリズムを知らない人よりも立派とは言えません。」
シルバーバーチの霊訓(6) p146

「地上の人間は肩書きやラベルや名称を崇めるのがお好きです。が、クリスチャンを名のろうと無神論者を名のろうと、何の違いもありません。大切なのは実生活において何をするかです。仮りにここに宗教など自分には無縁だと言う人がいるとしましょう。神の名を唱えても頭を下げようとしません。しかし性格は正直で、人のためになることを進んで行い、弱い者に味方し、足の不自由な犬が柵を超えるのさえ手助けしてやり、打ちひしがれた人々の身になって考え、困った人を援助しようと心がけます。もう一人は見たところ実に信心深い人です。あらゆる教義、あらゆる教説を受け入れ、信仰上の礼儀作法には口やかましく気を使います。しかし心の奥に慈悲心は無く、生活の中において何ら人のためになることをしません。前者の方が後者よりはるかに宗教的人物と言えます」
シルバーバーチの霊訓(3) p190

最強の武器にもなりえるこの宝を手に入れたスピリチュアリストたちが、その知識に陶酔し差別化し傲慢に成り下がる姿を見るのは実に心苦しいものです。

いったい霊的知識の普及!普及!と精力的に活動している人たちの日常は周囲から見てどのようなものでしょうか?

人のためになることを進んで行っておられますでしょうか?
困った人を援助しようと心掛けておりますでしょうか?
全ての人の前で、そして神の前で正直でありますでしょうか?
自分(の力)は特別と思ってはいませんでしょうか?

私もスピリチュアリストの一人として傲慢にならないように常に自分に厳しく律しなければなりませんね。
来年の目標も「自己修養」です!!

「人間の進歩の状態がその宗教的信念によって測られると思ったら大間違いである。賞賛に値する魂を持った唯物主義者や無神論者、進歩した魂を有する情熱的なプロテスタントや誠実なカトリックがいる一方、多くのスピリチュアリストやセオソフィストは進歩の程度がはるかに遅れているのだ。ラベルでボトルの中身は決まらない。人の中身を決めるのは信条ではなく行ないと道徳的美点なのだ。ある著名な科学者や作家、さらには心霊研究家さえ足元にも及ばぬほど霊的進歩をとげた多くの貧しい労働者がいるのである」




[PR]
by chiririn9683 | 2017-12-31 12:58 | 霊性の向上のために | Comments(0)