ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

カテゴリ:江原サン( 5 )

江原サンのアドバイス<子供のこと>


これはとても良いアドバイスだと思います。
読んでて爽快!胸のすく感じ。
江原サンって、こっちがスピリチュアリストだとヘンに期待するから駄目なわけで
コメンテーターだという認識で読んだら、なかなかどうして良いアドバイスじゃないですか。

江原サンはもはや霊能者ではなく完璧に霊界と縁が切れてます。正に神の恩寵。
だってオウムの教祖みたいに低級霊の巣窟にならないもの。憑依で精神が狂うことないもの。
言葉には霊の力が全くこれっぽっちも宿ってません。
これ以上あれこれ言うのは申し訳ないのでこれにて打ち切りだぁ~
 
↓この記事のコピペ

◆“暴力はなかった”と証言が変化した
「中2の息子のことで悩んでいます。今年の4月に学校で暴力をふるわれ、母親の私も色々な機関に相談をしました。当初、息子は暴力があったことを認めていたのですが、時が経つにつれ“ふざけていた。暴力はなかった”と、証言が変化しました。すぐ側で見ていた友達も、暴力をふるった子も“暴力はふるっていない”と証言が一致し、悪ふざけで片付けられてしまいました。ただ、目撃者が多数おり、とても悪ふざけでは済まされない内容だったらしいのですが……。今現在、息子自身は元気に学校生活を送っていますが、母親の私は、いまだに納得することができません。こんな私にアドバイスをお願いします」

◆江原からの“ことば”
「お母さんであるあなたは、いまだに納得できていないようだが、そのままでいいのではないか。それ以上のことを望むのは、自分が動いたのに事態が思ったようにいかない、“自分の面子が潰された”という自己憐憫(じこれんびん)がないでしょうか。その証拠としてメールの中に“今現在、息子自身は元気に学校生活を送っている”と書いてある。お子さんは“何もなかった”と言っているのだから、泳がせるべき。冷静に成り行きを観察する。
子どもには、子どもの社会がある。それを乗り越える力を持たないといけない。息子さんも、長きものに巻かれ“そこは、何とか”と片付けたのかもしれない。けれど、それをも放っておかないと。息子さんは、男の子。これから社会に出て、生きていかなければいけないんです。人間力をつけなければいけないのに、ずっとお母さんが過干渉になっていくのか?ということ。元の鞘に収まったならば、放っておいたほうがいい。お母さん自身“納得することができない”ままでいるのであれば、そのままでいい。“あそこの家のお母さんの目は怖いぞ”という抑止力にもなる。
大切なのは“真(しん)・副(そえ)・控(ひかえ)”。つまり、優先順位です。子どもが健やかな学校生活を送ることが“真”であるはず。自分の面子も、真実を暴くのも“副”“控”でいいんです。ここはひとつ、見守るべきなのではないでしょうか」

◆江原啓之 今宵の格言
「世界は広い。自分を活かす地を、あなたは見つけましたか?」
「人生に失敗はありません。自分を活かす地を見つけましょう」
(TOKYO FM「江原啓之 おと語り」より)


[PR]
by chiririn9683 | 2017-11-29 22:27 | 江原サン | Comments(0)

江原サンのアドバイス<孤独死>




>自分の“死”について常に見つめておかないといけない。

というのは簡単だけど、死後の世界について正しい知識がないと 恐怖と不安で余計に病むよ・・・・
せめて、全ての人にとって孤独死なんかは存在せず大勢の霊界の人に迎えてもらうってことだけも伝えてあげたら良いのに。
自称スピリチュアリストなんだから・・・江原サンはっ。
ったく、有名な割に・・・・。うん、残念!!

すぐ消えそうだから、貼っておきます。
なんか、事務的で月並みで、もちっと魂を勇気付ける温かい言葉が欲しいところですね。

ガンで「孤独死」を覚悟している女性に、江原啓之が届けた言葉

◆江原(サン)からの“ことば”
「“孤独死”という言葉が悪い。“孤独死”は失礼な言い方。自分で自律して亡くなることは“孤高死”。あなたも色々なことがあったから分かるのですが、悲観し過ぎ。感情があるうちは、ちゃんとした解決策は見えない。どちらの地域の方かは分かりませんが、今時“恥ずかしいから連絡してこないで”という家に生まれたこともまた学びなのでしょう。“人からどう見られるか”などと言う方たちも、そういうことで苦しんで生きていく。夫婦の問題なのに、母親も“許さない”というのもない。あなたにしか分からない、耐えてきたこともたくさんあるのでしょう。
大腸がんに関しても、すぐに生死に関わるかどうかメールには書かれていないので分かりませんが、病にあるかないかに関わらず、自分の“死”について常に見つめておかないといけない。ある意味で病気の方は、時間を貰えて幸せだと思う。事故や心臓発作で亡くなったり、突然死で亡くなる方もいる。そういう人には猶予もない。私は猶予があった方がいいと思う。その方がお別れもできるし、整理もできる。突然死だと悔いは残る。私はいつも『エンディングノート』をきちんと書いてと言っている。“自分の最期がきてもいいように”と常に覚悟をしておかないと。私は家族に看取られて……などと想像したことがない。一人で死んでいくものだと思っているし、全然それは構わないとも思っている。しかし、医療機関だけは決めておこうと思っている。あなたも離婚をして整理し、お母さんやお姉さんとは距離を置き、大腸がんに関しては『エンディングノート』を書く。猶予があるならば、役所のことでも何でも現実的な準備をすることです。お身体、お大事になさってくださいね」

◆江原啓之 今宵の格言
「どんなときも救ってくれる魔法。それは理性の目です」
「本当の反省とは、克服できたときです」


[PR]
by chiririn9683 | 2017-10-27 19:56 | 江原サン | Comments(0)

「お祓い箱」を「お払い箱」にする

あーあ。

またもや、江原サンの珍企画が・・・・・お祓い箱

内容紹介
今回、江原 啓之さんの手によって、お祓い箱が現代仕様となり発売となりました。お祓い箱は、一年を心丈夫にする神聖な箱として現代では使用されており、今回悪しきものから身を守る為の特製のお祓い道具が一式詰まっています。
●御幣
●竹幣
●清祓の塩
●人形
●車型
●昌清庵特製御守 「特別の守護の力が込められています。」
●七曜の切り札 「本当に窮地の時だけ使う特別な物」
様々な犯罪や災害が起こる現代において、本当にスピリチュアルな守りが必要な時代となっています。お祓いを通し念の力でバリアを張ることも大切となっています。
2017年を安心して過ごすためにお役立てください。




江原サンは、どこまでも神社を真似するんだ。
こんなものに大金を払うのは、まっ、いいとして、この程度のグッズでバリアしてくれると思えるなんて・・・お人好しすぎ。

出版元マガジンハウスの去年のTwitterを見つけた。
【拡散希望】 ※限定品!江原啓之さんpresents 『お祓い箱』が11月30日(月)に発売 予定。 神社で祈祷してもらいたいけれど、少し敷居が高いし、ご祈祷料もお金がかかる …。そんな時に自分でお祓いができる優れものです。

「神社で祈祷してもらいたいけれど、少し敷居が高いし、ご祈祷料もお金がかかる」

なるほど。敷居を低くして数百円安くすることで、需要がうまれる・・
ったく、ニッチで上手い商法だ。
江原サンと、彼のビジネスパートナー陣は商才に長けている。

しかし、残念だけど、
神社は神々の心が息づくところ。いわば、神の依代だ。
神さまの愛と慈悲と救いは、商魂とは真逆。
グッズや祈祷を媒介にしたとしても、他力本願の低い心では、神は人間と波長を合わすことができない。

シルバーバーチでも読んで、心を高めて神に祈りを捧げたほうが、よっぽど神と波長が合うのだけど~

江原サンの「お祓い箱」こそ、必要なし、お払い箱です。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-09-23 12:26 | 江原サン | Comments(0)

江原啓之サン

江原啓之さんの本の中には、お祓いグッズとか護符とか占いカードが付録についているのも有るらしいけど、
伊勢神宮だってお札やお守り売っているんだし、
欲しい人は何としても欲しいのだから、
ご利益が無かろうと需要ってことでいいのではないかしらん。

江原啓之さんが豪邸に住み、豪快に肉を食しておられるのも、まあ、金持ちにありがちだからこれもどうでもいいや。

もっとギラギラした人もいるし、細木数子サンと、どっこいどっこいって笑える。


あっ瀬戸内寂聴さんも、超高級なカツサンドを林真理子サンから差し入れして貰って美味しそうに食してたのTVで見たことあるよ。みんな貪欲だね。


江原啓之さんがコンサートを開いたり、ファンクラブを作ってメルマガで配信したりしているのも、芸能人のカテゴリーで括ればすんなり納得がいく。


江原啓之さんがオーラの泉などの番組で嘘八百並び立てたのも、低級霊にいいように使われて、いつも間違えたビジョンを見させられてたと思えば、同情の念すら湧いてくる。

低級霊の道具に成り下がって哀れだねって。


江原啓之さんがスピリチュアリズムという言葉を使わなければ、成金っぽいねえ、で済ませられるのに・・・・スピリチュアリズムって言い張るから、罪深くなるんだ。


ファンの人が江原さんの教えがスピリチュアリズムって思い込んだまま死んだらどうするんだ。


信じ込んだ大勢の霊とその守護霊にどうお詫びするんだ。


江原さんのせいで、江原さんを真似たスピリチュアリズムを語る変なサイトがいっぱいじゃないか。


かも、ちょっとやそっと間違いじゃない、スチュアリズムの根幹に関わる間違えだ。


江原啓之さんは、いっそ間違いを認めて、芸人になったらどうだろう。




[PR]
by chiririn9683 | 2016-06-09 21:43 | 江原サン | Comments(0)

江原さんの守護霊

守護霊や背後霊は、地上の人間をどういう気持ちで霊界から手引きしているのかご存じですか?

高みの見物・・・とまでは申しませんが、未熟な人間としての苦しみを味わう側ではないので、羨ましく思いがちですが、案外そうでも無いみたい。

それどころか、実は守護する人間と同じ痛みや苦しみを共有しているんです。

われらとて平然として任務を遂行していたのではない。
その間どれだけ地上の窮状を目撃し、どれほど心を痛めて来たことか。
そなたはとかくわれらのことを人間の生活に関心を抱かず、悲劇を知らず、日常の労苦に係わりをもたぬ、遠く離れた謎めいた存在のように想像しがちであるやに窺える。
われらとてそなたの心を覗き込み、隠れたる悲しみを地上の人間以上に実感をもって知ることが出来ることを知らぬようである。
われらを地上より掛け離れた存在の如く想像しているらしいが、実は地上の悲しみも喜びも共に実感をもって認識しているのである。
そなたおよびそなたの置かれたる環境との触れ合いによりて、やむなくそなたの人間的情念を摂取することになるまでである。
あのような苦痛を述べたのは、われらにも幾許(いくばく)かの犠牲を強いられていること、そしてそなたを動かす情念と同じものによる影響を免れぬことを知って貰うためである。
われらとて精神的煩悶と霊的苦痛を味わうものである。
人間の心を締めつける心痛と同じものを真に味わう。

と、背後霊(インペレーター霊)が、人間と同様の苦悩を吐露しています。

霊界から地上の人間を守るためには、大変な犠牲や苦労も強いられるんですね。
こういうことを知ってしまうと、身を挺して守って下さる守護霊や背後霊には、感謝の気持ちしか湧いてこなくなりますね。

だからといって これはさすがに大人げないです。

江原氏のサイト 昌清庵

感謝の気持ちの現れなんでしょうが・・・
自分の守護霊を大っぴらに祀っては、守護霊も返って悲しみます。
心の内でそっと感謝するのが正道です。

とにかく、他人が江原氏個人を守護する昌清霊に祈りを捧げる、という悲しむべき行為だけは避けて欲しい。

守護霊団も立派に祀ってあるが、スピリチュアリズム協会という「スピリチュアリズム」の名前を冠してあるなら、合わせてこれも止めて欲しい。

シルバーバーチも言ってます。

私が感謝をお断りするのは、私が非常にいけないと思っている傾向をたびたびみてきているからです。
いわゆる指導霊信仰というのがそれです。
指導霊というのは崇拝の対象とされることを望まないものなのです。
唯一崇拝の対象とすべきものは宇宙の大霊すなわち神です。
無限なる霊であり、至高の創造主であり、光と叡智と真理とインスピレーションの極致です。
本来はそれに向けられるべき崇拝の念を私のようなお門違いのところへ向けられては困るというにすぎません。
『シルバーバーチの霊訓11 第1章シルバーバーチの自己紹介』

所詮 祀られて喜ぶのは低級霊だけです。

江原氏は、物質の豊かさをもたらす低級霊団を手放したくないのです。






[PR]
by chiririn9683 | 2016-06-01 23:31 | 江原サン | Comments(0)