ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

カテゴリ:愛( 1 )

同性愛について

同性愛なんですが、スピリチュアリズム普及会HPの霊界の男女愛と結婚すごく正しい。
所詮、男女の恋愛は子孫を残すための肉体本能なのさ

抜粋

同性愛者の問題は、霊的真理によって初めて正しく理解されるようになります。

「人間の本性は霊であって男女という性別ではない」

・・・「陰陽の原理が物質世界を支配しているために地上では、人間は男性か女性に属さなければならない」

「地上世界では陰陽の原理が貫かれ、これによって生殖と種の維持がなされるようになっているが、霊界では陰陽の原理の支配はない」

「霊界には地上のような性別・性差は本質的に存在しないし、性を介した生殖もない」

「同性愛という内部矛盾で苦しむことについては、前世でのカルマが絡んでいる」


ここからは、同性愛者にめっちゃ厳しい内容

同性愛者として生まれた人間は、普通の人間よりも多くの性的誘惑にさらされるようになります。そして、それにじっと耐えて正しい道を踏み外さないようにすることにより、カルマは清算されていきます。同性愛者は「霊主肉従」の道を死守し、間違った性への嗜好に溺れないように用心しなければなりません。普通の人間以上に自己克己の努力・霊主肉従の努力が要求されます。また同性愛者には、しばしば大きな孤独の試練が襲ってきますし、多くの内面的な苦しみ・葛藤を体験しなければなりません。

しかし地上の苦しみは、しょせん一時的なものです。地上人生における苦しみや悩み・葛藤は死後、霊界に行けばすべてなくなり、地上では味わうことのできなかった清らかで、すがすがしい心境を体験することができるようになります。


こんなん目指すの、絶対無理~。

同性愛者は、性欲に走るな、精神的な恋愛しかするなって言われているのと同じだよ。

ノーマルの人で、恋愛したことない人がいるか?性的誘惑をかわせる人いるか?

霊界の視点で、この文章が書かれたのだと思う。ったく鬼だな・・・。

でも摂理を悟ったら、これが完璧に正しいとわかる。

同性愛者にせよ、異性愛者にせよ「霊主肉従」とはこれだから。

もちろん私の「霊主肉従」も同じ。


私の霊能者のお師匠がゲイだった。

彼の唯一の楽しみは、名古屋のとある公園で出会いを求めること。で、いつも撃沈してたな。

山のような葛藤や苦しみを抱えているのに、誰よりも人の幸せを願う人だった。

彼等は「霊主肉従」の一番近い立ち位置にいるような気がする。


f0362049_23392100.jpg

ハスとスイレン、どっちなんだ!!

見分けかた―葉っぱに切れ込みが無いのがハスです・・だそう。んんん~スイレンかなあ?



[PR]
by chiririn9683 | 2016-10-26 23:49 | | Comments(0)