ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

カテゴリ:スピリチュアル( 4 )

ダスカロスの何が良いんだか

ダスカロスの批判ってネット殆どないから、「ダスカロスって自己顕示欲強い変人」って思っているのは私だけだろうか。

ネットの紹介によると、
たとえば、短くなった足の骨を伸ばして、左右の足の長さを同じにもした・・・とか
一種の天才で、7才の頃から早熟さを発揮し、 学校の先生も教えていた・・・とか
ハリー・エドワーズが教えを請うた・・・とか

イエスですら凡人に思えるほどの超人っぷりのオンパレードなんだ。
(ソース源はダスカロス本人しか知り得ないのも多々あるから、言ったもん勝ち感は否めない・・)

その割に、彼のことを観察したマルキデスが書いた本「メッセンジャーシリーズ」は、以外と下ネタとどうでもいい内容ばかりで、ほんっと下らないんだ。

「ナチスの残党の霊が娘さんの下腹部に入り込んでいるのを除霊した」、とか、「幽体離脱してレイプされそうな娘さんを救った」とか。
他にも、人工衛星の破片だったっけ、それを天使と一緒に軌道修正して安全な海の上に落としたとか。
ヒーロー話を延々語られた印象。
しかも、ここでは書けない気持ち悪い内容もあって、数年以上前に図書館の本で読んだけど、今でも忘れられない。
半トラウマ化したかもしれない。

彼自身の著書にも
瞑想を丸や三角や四角の形を色別にイメージして行ったり、自己修養の大切さや、哲学的なことや、人体と霊体のことなど、沢山載っている・・・が、随分勿体ぶって書いているなぁと思った。

ダスカロスが患者をヒーリングをしてあげたのは良いが、自身がへたったので、仲間にエネルギーを貰った話とか、
「カルマの太子が自分のカルマも許してくれればなあ・・」と私でも言わないような弱音を吐いたり。
マルキデスが書いた内容通りなら、そこら辺にいる治療院のおっちゃんと変わらんわな。

言ってることと、やってることの整合性のとれない人、それがダスカロスという印象です。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-07-15 22:11 | スピリチュアル | Comments(2)

あなたが知ってるスピリチュアリズム

あなたが知っている「スピリチュアリズム」とやらを検討してほしい。

そのスピリチュアリズムには、霊的真理が入っているかい?

あなたのスピリチュアリズムに、
「全ての人間は肌の色や能力などの差異に関わらず等しく神の子」
という認識はちゃんとある?

自分は他人とは違う、という優越感やリッチさをひたすら求め、
相手より上か下かばかり気にしていない?

あなたのスピリチュアリズムは
「自分を後回しして相手を優先させること」
を一番に掲げてる?

あなたの悩み事は、自分や自分の子供や旦那ばかりで、
楽で幸せな人生を送りたいっていう本音が透けて見えない?

霊的真理が入っていないスピリチュアリズムは、
「スピリチュアル」です。
パワーストーンでも買って、ヒーリングでも受けて、セミナーにでも通って、呪文を唱えてどうぞ自己の幸福追求に邁進して下され。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-07-11 18:59 | スピリチュアル | Comments(0)

真理への道は無数にある

そなたは俗うけするスピリチュアリズムは無用であると言う。その説くところが低俗で聞くに耐えぬと言う。断言するが、そなたの意見は見当違いである。適確さと上品さには欠けるが、確信に満ちたその言葉は、上品で洗練された他の何ものよりも大衆に訴える力がある。野蛮なる投石器によって勢いよく放たれた荒けずりの石のほうが、打算から慣習に迎合し体裁を繕(つくろ)いたる教養人の言説よりもよほど説得力がある。荒けずりであるからこそ役に立つのである。現実味のある物的現象を扱うからこそ、形而上的判断力に欠ける者の心に強く訴えるのである。モーゼス霊訓15節


今日、スピリチュアリストのメンバー複数といろいろ作業してきたんだけど、そのとき「真理を掴む道は無数にある」という話で盛り上がりました。


スピリチュアリズム団体は世界中にあって、それ以外にもスピリティズム団体とか、スピリチュアル団体とか色々あって、程度が高いものから俗なものまで、さまざま。

それに加えて、同じ団体のメンバーでも、個々に考え方もまちまちで、それこそ無数の道

・・・・・一人いちスピリチュアリズムなんですね。

自分の意見と違うからって目くじら立ててはいけないのかな。俗でも目をつぶらなければいけないのかな。

うん。許容の心ですね。



霊訓続き

“物”にしか反応を示さぬ唯物主義者には物的法則を超越せる目に見えぬ力の存在の証拠を提供する。

なんだろ・・・現代ではヒーリングかな。


固苦しき哲理よりも、肉親の身の上のみを案じ再会を求める者には、確信を与えるために要する証拠を用意してその霊の声を聞かせ、死後の再会と睦み合いの生活への信念を培う。

ミディアムのシッティングとか・・・。


そうした霊的真理の初歩的段階を卒業し、物的感覚を超越せる、より深き神秘への突入を欲する者には、神の深き真理に通暁せる高級霊を派遣し、神性の秘奥と人間の宿命につきての啓示を垂れさせる。

これがシルバーバーチの霊言ですね。質の良い読書会も高級霊が派遣されているのかな。


かくの如く人間にはその程度に応じた霊と相応しき情報とが提供される。これまでも神はその目的に応じて手段を用意されて来たのである。


なるほど、ね。


霊的真理を 誤魔化したり、嘘ついたり、間違えたり、逸れたりしなければ 程度の高いのも低いのも俗なのも 全部大事なんだと思います。



[PR]
by chiririn9683 | 2016-06-23 21:33 | スピリチュアル | Comments(0)

何だアセンションって

アセンションブーム、すっかり鳴りを潜めたかしらん。もう終わったのかしらん。

私もアセンションに乗り遅れた一人ですが、そんな人間でも知らぬ間にアセンションというものに乗っかかっているのか、謎い・・・

スピリチュアリズムを学んでたら(いや学んでなくても)アセンションという急激な変化は人間の妄想の一言で片付られます。

宗教って荒唐無稽なビッグマウスが付きものだが(宗教ではこれを奇跡と呼ぶ)、アセンションもまさに同類。

今の世界情勢やら、地球環境やら、人々の霊性の低さ、利己主義の蔓延など、暗~いニュースを少しでも見たら、アセンションなんておめでたい人の戯言だなっと。

これまでも、これからも、一人一人がこの世界で不断の努力して、地球を良くしていくしかないです。



[PR]
by chiririn9683 | 2016-05-17 20:07 | スピリチュアル | Comments(0)