ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

カテゴリ:霊界通信( 2 )

霊界通信 イエスの少年時代 イエスの成年時代


f0362049_22071656.jpg

素晴らしい感想を頂きましたので転載いたします。

イエスの少年時代と成年時代を読みました。
今までこの本の存在はずっと前から知っておりましたが、あえて避けておりました。
キリスト教のドグマに洗脳されていた苦い経験から拒絶反応のようなものです。
しかし、ブログ(シルバーバーチを拠り所にして)の感想をみて思い切って取り寄せて読んでみました。
イエスの少年時代と成年時代のいわば上下で完成した本ですが、従来の聖書は人間の手で書き換えられており、カミンズのこちら
の方が“真の聖書”だと思います。
ナザレ人イエスの人間としての葛藤やあえて人を避けた生活をやめ、世俗社会の中に身を置き、家族を始め様々な人間間の葛藤や試練・困難に遭遇して霊性を引き出していくという正に我々の手本を示されたのだと思います。
世の中の社会的地位の高い人やお金持ちがいかに神の道から遠いかがよくわかります。
これは今でもキリスト教の組織や唯物拝金主義の中にみられ全く当時と変わっておりません。
聖書に書かれている初めから神格化されたイエス像から、私の中ではとても身近なナザレ人イエスに変わりました。
今後も折に 触れ大切に読み直してみたいと思っております。

以上、心に響く内容でしたので紹介させて頂きました。

私もイエスがキリスト教の神格化されたイエスじゃなくて、偉大だけど身近な人ということがわかってとても嬉しかったです。

私は「イエスの成年時代」に出てくる口のきけないアサフが好きだな。
イエスがアサフにこう言うの。
「アサフよ、よく聞きなさい。私と運命を共にすると、必ず悲しい最期がやってくるんだよ。私はおまえを巻き添えにはしたくないんだ。だから私と分かれ町へ行きなさい。」
で、アサフが砂の上に文字を書いて返答するんだけど、超格好いい。男前すぎ!!
「あなたなしで命をながらえるくらいなら、いっそ共に死んだほうがましである。」

私も、アサフと同じだな。霊的真理が根付かない場所では生きられない。
スピリチュアリズム運動の最高指揮官がイエスで良かった。
イエスって霊的真理を誰よりも孤独の中で体得した人だから。
この人こそスピリチュアリズム運動の中心になるべき人だって、運命を共にしたいって思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-23 22:36 | 霊界通信 | Comments(0)

依然として神に遠い

『私は生前こう考えた。人間は死んだらすぐ神と直接交通を行い、自己の取るにも足らぬ利害得失の念などは綺麗に振りすてて、礼拝三昧、賛美歌三昧にひたるであろうと、そういう時代も究極においてはあるいは到達するかも知れない。しかし現在のわれわれは未だそれを距ることは甚だ遠い。人間の地上生活は言わば第一の駅馬、われわれの進化の最初の駅馬にすぎない。現在の私の幽界の生活は第二の駅馬である。われわれはまだ不完全である。われわれはまだ個々の願望欲望を脱却し得ない。われわれは依然として神に遠い。要するに宇宙は私の想像していたよりも遙かに広大無辺であり、その秩序整然たる万象の進展は真に驚嘆に値する』

パーソナリティは地上でつけているマスクです。インディビジュアリティ、つまり本当の自我はめったに顔を出しません。(五感に邪魔されて)出そうにも出せないのです。死によって肉体から分離した時に自覚される大きな自我にくらべると実にお粗末なものしか表現しておりません。このようにインディビジュアリティはパーソナリティよりははるかに大きなものです。死後に生き続けるのはパーソナリティではありません。パーソナリティはインディビジュアリティによって投影された影にすぎません。そのインディビジュアリティが、肉体の死後、地上で発揮されなかった潜在的な可能性を少しずつ発揮していきます。
『シルバーバーチの霊訓10』

シルバーバーチは死んで肉体から分離した時に大きな自我を自覚する、と言っています。
一方ステッドは、死んでも願望欲望があり、不完全って言ってるし。

死んだら、肉体の本能から解放されて清々しい自分になるのか、生きてた時のまんまの煩悩満載の自分なのか、どっち??
って、少しだけ思考がまとまってきた。

大きな自我とは、決して立派な自我ということではないってことかな。
何でも見通すことが出来、真実の目で物事を理解できる自分、が大きな自我。
これなら、立派とは関係なく、洞察力が優れた自分ということだけで、霊格が上がったということには ならない。

死後、肉体を捨てて大きな自我を自覚するのなら、なぜ地縛霊が存在するのだろう?
霊界で進化する霊と、地上を彷徨う霊の違いって何かなあって、ずっと考えていたんだ。
どちらの霊も 死後、願望欲望が継続されるのは、本当だと思う。
それを俯瞰し、浄化し、霊性を発達させるのが殆どで、地縛霊は大きな自我で自分を俯瞰するも、地上への執着が強すぎなんだろうな。

こんなこと、当たり前田のクラッカーレベルの知識なのかなぁ?
f0362049_11122232.jpg


[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-29 23:03 | 霊界通信 | Comments(0)