ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

カテゴリ:雑話( 11 )

批判と悪口

「一致団結というのは難しいものです。残念ながら地上においては往々にして原理・原則よりも個人的な考えが優先されます。立派な仕事にたずさわっているものの、時が経つにつれて初心を忘れ、一身上のことばかり考えるようになります。人間の煩悩の一つです。それは、つまるところ霊的理解力の欠如から生まれております。献身的に取り組んではいるものの、それは自分の思うように進んでいるかぎりの話です。自分の考えが正しいと思うのは良いとして、それが最高でそれしかないと自惚れはじめます。これが、地上で同じ仕事にたずさわっていて、こちらへ来てからもその成就のために援助している霊を困らせる問題の一つなのです。あなた方に心掛けていただきたいのは、容易なことではありませんが、その種の人間に個人的見解の相違を忘れさせ、基本の原理・原則に立ち帰って、最初にこの仕事に情熱を燃やした時の目標に向かって無心に努力するように指導することです。これは今たずさわっておられる動物愛護の仕事にかぎりません。他の分野においても言えることです。たとえばスピリチュアリズムと呼ばれている思想運動においても、自己顕示欲が強い人がいて、とかく自惚れが原因となって衝突が起きていませんか?」『シルバーバーチの霊訓(8)P213』


長い引用でごめんね。

このブログを立ち上げた主旨は、本当のスピリチュアリズムを伝えるため、偽物や間違いを徹底的に批判しよう、ということで書いてきたんだけど、ここに来て大きな迷いが生じている。

スピリチュアリストのどこまでを批判して良いのか、分からなくなってきた。
いや、私から見るとはっきりとわかるのだが、所詮、悪口を言っている風にしか受け取れないのではないかと思う。

仲間じゃない「スピリチュアル」の批判はジャンジャンして良し、しかし霊的真理の普及に頑張っている仲間の悪口はやめてね・・・。
これが霊界の意向なら、「仲間だから」は、全てを目隠しする。

霊的真理を広めようとする人たちの、僅かほんの一部ではあるが、甚だしく理解していない人、自己顕示欲が強い人、自己修養が出来ない人、そんな「仲間」をどう考えたらいい?

一人一人霊性が違う。
これまで辿ってきた道も違う、これから行く道も違う。
私なんて、指導出来るほどの人徳も信頼もないし、そもそも関わりもない人に悪口という批判しかできないのなら、もう批判という建前の悪口は書くべきではないのだろう。

もっと、大きな霊界の目で全てを見れたら良いのに~
霊界から、瞑想中に答えを貰って貰って貰って、それでも、咀嚼できない。うーん。もどかっしいいっっw。
f0362049_00021366.jpg



[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-09 00:03 | 雑話 | Comments(0)

職場は男だらけ

スピリチュアリズムには関係ない話でほんっとすみません。

最近、入居者と職員、オール女子のパラダイスな職場から、男性入居者ばかりの職場に異動になりました。

実は、男の人、苦手なのよね~。
すぐキレるし、偉そうだし、スケベだし、我が儘だし。
人事には、女子(の介助)が好きって言っておいたのに・・・

案の定、本能バンザイやら、何でもかんでもお触りやら、関西弁でもかなりドヤドヤなパンチの効いた男やら、細かすぎる男やら、すぐに怒鳴る男やらで もう最悪。

しかし、1ヶ月もすれば、慣れるもんだね。

やたら脱ぐ男にも平気になり、何でもかんでも触ってくるのを、かわすことが出来るようになり。

こんなのスキルでも何でも無いが、職員さんの対応を真似しているうちに、我ながら対処が上手くなった。
裸祭りな職場でもやっていける自分に、自分が一番驚いた。
自画自賛モードに突入した感があるが、ここの職員さんとも仲良くやれるし、この職場もいい感じ♪

[PR]
by chiririn9683 | 2016-09-17 22:25 | 雑話 | Comments(0)

恐すぎる・・・マムシ

裏山で瞑想するのが日課だったんですが、ついに アレが出た。

丸書いて・模様の細長く茶色のアレ。

岩の上で瞑想10分くらいしたところで、スルスルと、アレが音もなく忍び寄ってくるではないか。

この時は人間のほうが強いかも、と思って、大声出して木の棒で威嚇するも、こっちに速度を上げて向かってくる。
アレに脅しは効かない・・・・。

山登ラーの友人から、前日アレの注意勧告を受けたせいもあって、その日に限って初めて半目を開けてたので、ほんと助かったです。
こういう出会いって、正に守護霊さんに守られたってことだと思う。感謝!!

小さいころから、アレとポインターという大型犬だけには全面降伏してたから、
仕方ないな・・・今回も(泣)

暫くアレの山になるから、霊主肉従を保つためにも、何か別の方法を考えよう。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-09-13 20:56 | 雑話 | Comments(0)

男は性欲、女は食欲

ああ。やっぱりね。

以下記事抜粋

 容疑者は23日午前2時ごろ、宿泊先で女性従業員を呼び出し、無理やり乱暴したとされる。
 医師は同容疑者が「欲求を抑え切れなかった」と容疑を認めたことに触れ、「性衝動は視床下部で起き、前頭葉抑制するという、2つの機能がつながっており、この前頭葉抑制ストッパーが効かないのは重要な問題。性犯罪の再犯率が多いのもここに決定的な問題があるケース」と厳しい口調でコメントした。

前頭葉抑制のストッパーが壊れた、もしくは緩い人なんて、広い世間には当然居る居る・・・
うちの職場にだって、脳の抑制ストッパーがホツレ気味な「エロ」と呼ばれる認知症患者さんもいるし、女性は基本、甘いもの大好きね。脳が萎縮しているそうで、本能丸出しの人ばかり。

今の日本は、老人に限らず、脳の緩い人を野放しにする、もしくは助長させるような社会だと思う。

コンビニ行ってみ。
成人向け雑誌がデカデカと積み上げられている。これでは獣性を強化し妄想と現実との乖離を広げるばかりだ。
女子の好きなスイーツ同様、脳みそのネジぶっ飛ぶわ~

男は性欲 女は食欲  本能中の本能を突いてくる。

多少脳みその弱い人でも安心して住めるよう、まずは、有害なモノを商品化しないでほしい。
矯正はそこからだ!
今の社会は霊性があまりにも低く獣化しているため、犯罪を無くすることなんて、とてもできない。
個人だけではなく、社会のモラルも向上しなければどうしようもないんじゃないかと思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-08-29 12:52 | 雑話 | Comments(0)

本当に可哀想な人

神奈川県相模原市の障害者施設で19人が殺害された事件
犯人は「重度障がい者は生きていても仕方ないので死んだ方がいい」などと、障がい者を排除する趣旨の発言を繰り返していたそうだが、

心底 バッカじゃなかろうか。

障がい者は生きていても仕方がない、なんて、スピリチュアリズムを知らんから言えるんだ。

障がい者、特に生まれつきの重度障がい者は、この地上人生でカルマをひたすら解消させることを選択した、尊い魂なんだ。

地上では、誰がどれだけのカルマを背負っているか見えないから。
今成功して有頂天になっている健常者だって、カルマをどんどん積み上げる人生を送って、ひょっとしたら、来世は思いっきりきついカルマを返す人生を選択せざるを得ないかもしれない。

障がい者を排除したり卑下したりするその心の貧しさこそ、霊性の乏しさであることの証だ。

障がい者を養うための税金なんて、日本の莫大な医療費に比べたら大したことなかろう。

障がい者は不幸ではないし、迷惑でも厄介者でもない。
私たちと同じ、共に歩む仲間だ。
霊界から見て厄介者は、犯人のような麻薬中毒だったり、利己主義者だったり、意地悪だったり、心の貧しさだったり。

相手をバカにしたり蔑んだりする人は、単純に霊性が低い。

犯人は、本当にかわいそうな人だと思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-08-06 19:21 | 雑話 | Comments(0)

事故ホ

もう、私は、一体何枚の事故報告書、ヒヤリハット、破損届けの書類を書いたか。
認知症&うつ&窃盗症患者に振り回っされぱなし。

とにかく職員が見ていない一瞬の隙を突かれるんだ。

食事は部屋まで持ってこさせといて、トイレに捨てる。
入居者の持ち物は隙を見て隠したり捨てたり。
職員の見ている前で、わざとらしくふらつき壁によりかかる。
一番忙しい時を狙って色々な用事を何度もいいつける。
延々長い話を聞かされ、ずっとまとわりつかれる。

腹立つわwwwを顔に出さずに茶番に付き合って・・・。

ああ、でも、今日は特に頭にきた。
みんな大好き杉さまの時代劇ポスターが破かれてた。
他職員がこっそり現場を見たものの、注意しなかった。

問題が勃発して、職員が右往左往すると、ものすごく喜んでいた。

悔しいけど、これ書いたら忘れよう。

なんせ、うちの職場は、優しいんだ。
窃盗でも、破損でも、隠匿でも、暴力でも警察に通報しないで、「病気だから」で済ませるんだ。

ああ、そうだ。
別の入居者さんの話なんだけど。
この前なんか、蹴られたり引っかかれたり、けっこう大変だった。
この入居者さんは、「女性が旦那の浮気相手に見えるスイッチ」が入ると、近くにいる女性に喧嘩ふっかけて憎しみ込めて殴るんだ。
職員は身を挺して守るから、いつもやられ損なんだけど、「あの人は認知症だからねっ。」
ひとしきり叩かれた後で、医者の往診時に「リスペリドン プリーズ」って泣きつく。

こういう病気の人たちに必要なのは罰じゃない。
私らの我慢と、病気への深い理解だ。

世の中全体が、うちの職場のようになれば良いと思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-07-25 00:33 | 雑話 | Comments(0)

食の問題

彼氏と食の好みが合わずに困ってるというYahoo!の投書から。

・・・付き合ってから 実は屠殺されてる牛や豚、鶏が可哀想だから食べたくない。といった事実を聞かされました。
・・・需要がなくなれば供給もされなくなる。と彼は言いますが、供給がなくなれば残された動物はどうなるのか彼は考えていないようです。
・・・動物はダメで何故魚はいいのか。同じ命で動物より残酷な殺され方をしているじゃないか。とも思ってしまいます。


投書の彼氏はスピリチュアリストなんでしょうか・・。霊的真理を知ってしまうと、この手の問題は避けられないです。

スピリチュアリスト同志で「あいつ肉食っているから霊格が低い」とか「鶏肉だけならOKだ」という会話が飛び交うこともありますが、食事は、霊性云々よりも、個々の事情によってかなりの差があります。


私は投書の彼氏さんと同じで、屠殺されてる牛、豚、鶏は可哀想だから食べない派で、肉が出されたら感謝していただく派でもあります。
魚は、感謝してそこそこ頂く派でもあります。
施設の老人らのむくみの原因が殆どタンパク質不足ということもありまして、大豆とか魚とかは積極的に摂らにゃって思ってます。

「動物はダメで何故魚はいいのか。同じ命で動物より残酷な殺され方をしているじゃないか」という問題ですが
確かに魚でも残酷な料理は無理ですね。
ホタルイカの躍り食いだったり、魚や蟹を生きたまま刺身にしたり、この類いは本当にエグい。
私がアサリを買うことが出来ないのも、生きたまま茹でるのが残酷だからです。

愛情持って育てたからこそ、喜んで肉として命を提供してくれるという考えで、家畜の肉を食べる国もあるそうですが、とても賛同できません。
例えば、和牛なんかは、人間に愛情を持って育てられた分、裏切られて殺される恐怖がとても強いのではないかと思い、それが哀れです。
そういう意味でとても懐いているペットのような養殖魚も食べるのは、無理ですね。いけす料理は心が痛みます。

「供給がなくなれば残された動物はどうなるのか」という問題ですが、最初は全部殺される可能性が高いですが、それは食肉のピリオドを打つための犠牲だと思います。本当は犠牲なんか可哀想なんですけどね。

ちょっと思ったことを書いてみました。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-07-13 19:28 | 雑話 | Comments(0)

めんどいお客

「冥途のお客」ほどではないが、うちの職場(認知症グループホーム)にもめんどいお客が・・・・・

3F角部屋。
夜中にテレビが勝手についたり、センサーマットが誰も乗っていないのに不意に鳴ったりする。
業者を手配して検査してもらうも、全て異常なし。
センサーマットを交換しても改善されない。
しかし、直接業務の範囲外なんで、対応は軽い。
激務に追われて、ポルターガイストなんぞに構っている暇などないのだよ。うちの職場は。
すぐに、電化製品の誤動作は何かの電波を拾っているか、梅雨のせいということで、話は終わった。

そんなことより、
「(死んだ)おばあーが、(そこに)おるぅっ~!!!」って泣き叫ぶ入居者さんの声なんて、最高に恐怖。

この手の幻聴、幻視が始まると職員に緊張が走る。ため息がもれる。

「ああ、またリスペ(リスペリドン)盛らにゃあかんのか・・。」
「他の入居者が怯えて不穏になるぞ・・・。」
「医者対応の雑務が増えるし、暴れられるから覚悟せにゃ・・。」

霊は出てもいいけど、入居者さんに見つからんように穏便にやってくれ、と思う。

ポルターガイストや霊を恐がる人は、うちの職場で働いたら良いのに・・・恐がるポイントが違うから。
f0362049_10310677.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2016-07-08 15:38 | 雑話 | Comments(0)

沖縄スピリチュアリズム読書会 来神

めんっそ~っれ!歓迎光臨!!


関西シルバーバーチ読書会に沖縄スピリチュアリズム読書会の主宰者さまが来られました。パチパチ!


高級霊が乗り移ったのではないかと錯覚すら覚える講師先生の迫力の講義と、個性溢れる関西メンバー陣、どうだったでしょうか^^


ゆっくり観光する暇もなく「明日は沖縄の読書会だから」・・・と、飛行機で日帰りされるとは、わぁ~っサラリーマンもびっくりなハードスケジュール。


文字通り、霊界の道具として一身を捧げておられるのですね。


その真面目で真摯な態度は、やはり沖縄の地を任されただけのことはあります。


霊界の道具に相応しいお方だ、と私も見習いたいです。


時々違う場所の読書会に参加するのも良い勉強になりそう。

もう少し自由になったら、色々回ってみたいです。


沖縄スピリチュアリズム読書会










[PR]
by chiririn9683 | 2016-06-16 18:02 | 雑話 | Comments(2)

座禅はやめだぁ

近所の禅寺で、毎月座禅会があり、小一時間座禅を組み、住職の説法を聴き、茶話会で盛り上がるのが何よりの楽しみだった三年前。

しかし、すぐに夕方の仕事が入り、座禅しかできなくなり、住職さんの説法前にダッシュで退出せにゃならんことになりました。

説法が目当てで来られる方が多いので、随分気の毒がられましたっけ。

このたび、やっと仕事の都合が付き、座禅会のフルコースが堪能できると喜んでいたら、座禅の日に限って用事三昧。

もうかれこれ4ヶ月も行けていないのですよ。

ここまで来ると、人間悟るもんだね。

もはや座禅会は不要!!そうに違いねぇ。

冷媒体質で邪な考え人一倍の私ゆえに、低級霊のチョッカイが多くて、独りで瞑想することができないから、住職さんにお世話になっていたけど、その修行も終わりってことかいな。

楽しみだった分ガッカリだけど、不本意ながらありがたや~。不本意だけど・・・

次の道が出来つつある。


[PR]
by chiririn9683 | 2016-06-03 19:44 | 雑話 | Comments(0)