ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

霊界からの答え

霊的真理を理解していない人、自己顕示欲が強い人、自己修養が出来ない人のほうが、案外表だって熱心に普及していることに、ある種のモヤモヤを感じて、瞑想の度に霊界に質問していたの。

何度もインスピレーションによる回答を貰っていたんだけど、中々納得いかなくて・・・・

なんとか、心に収拾がついたので、頂いた回答を自分なりの言葉に落とし込むね。

シルバーバーチの霊訓などの、霊的真理は、霊界から霊媒を使って地上に降ろされた時点で、地上のものとなります。
高次のインスピレーションがいったん地上の言葉に置き換わったことで、地上の手垢がつきます。
霊界の責任はここまで、どのように使うかは地上人の自由意志です。
地上の人の全てが自由に使えるように意図されて降ろしたものであるのだから、誰でも自由に使えることは当然のことです。
・・ということで、霊格が劣った人が熱心に普及するということも想定内であるとさ。

まっ、その人格に相応しいカルマが発生するから気にするなっ!なんだけどね。
普及に頑張っているからといって、他のカルマまで解消されないもんね!!

っと次のメッセージが肝です。
ただし、地上の手垢がついていない高級霊界からの直接のインスピレーションは、霊格の優れた人にしか降ろすことができません・・とさ。

これは、はっきり断言口調!

自己修養は、自分がより高いインスピレーションに触れるためのもので、霊的真理を普及する人なら全て自己修養しないといけない訳でもないみたい。
すでに霊的真理は地上に降ろされているんだから、それを伝えるだけの役割に霊格の高い低いはそこまで問われない。
自己修養は本当はした方が本人のためにいいのになっ!てなレベルで、するかしないかは自由意志ってやつだ。

うう~ん。
私が理解できるレベルの言葉に置き換えてみると、なんか高尚さに欠けるなあ~。
内容に納得された方は、頭の中で、もちっと威厳のある美しい言葉に変換してみてくださいね。
f0362049_20281855.jpg






[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-26 20:26 | 私ごと | Comments(0)

スマホで妖精を見よう!

f0362049_14454470.jpg

「続・いのちの波動」ブログ主、大空さまから、オーブの写真をお借りしてきました。
(なお、上記の写真は許可を頂き転載しておりますが、画像が粗いので、もとのブログ写真で試してみて下さいませませ)


この写真のオーブの部分をスマホとかで、ちょいちょいと拡大して拡大して、
もうこれ以上無理ですってスマホが悲鳴を上げるほど拡大すると、あらまっ妖精の愛らしいお顔がうっすら現れます。

普段、空気中に紛れて視ることができない妖精がここまで写真に写ってくれるなんて感動ものです。
妖精って本当に可愛いですね。

ついでに大空さまの写真集の下のほうの銀杏の木も拡大して下さいませ。
オーラがけっこう綺麗に見えます。

相棒、かのさんと、スマホを触っていて気がついたの。
スマホって、便利~!!(あたしガラケーだけど・・・・)

そういえば、大空さまのブログ「続 いのちの波動」のお写真ですが、たま~に、大きなオーラを発した巨木とかありますね。ユーモア?なのもいっぱいあるので、色々な角度から写真を見られるのも一興かと思います。




[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-19 15:25 | 紹介したいサイト | Comments(2)

全生命への責任を担う存在

(問)・・・やはり病気は自分で治せるのでしょうか。
「治せるだけでなく、げんに治しております。魂の優位を主張し、肉体という下等なものによって束縛され抑えられることを拒否することによって病気を追い払うのです。身体を従者にするのです。主人にしてはなりません。誰にでも出来ることです。・・」
(問)ということは誰でも自分で健康を回復できるということでしょうか。
「まさにその通りです。ただしそのためには”自分は神である。無限の創造活動の一部を担う存在である。全生命への責任を担う霊的存在である。本来は完全なる霊なのだ”と宣言できる段階まで悟りができなくてはなりません。」
『シルバーバーチの霊訓(5)P122』

シルバーバーチは「病気は誰でも自分で治せる」と言っている。

でも、小さな病気は簡単に治っても難病だってある。
それこそ、上記のように「自分は神だ!」と悟りを開かなければいけないんだろうけど、「自分は神」と知っている人は結構いると思う。
さらに、人間は無限の創造活動の一部を担う存在であるってことも分かっている人もいるだろう。

しかし、本来「全生命への責任を担う霊的存在である」っていうことまで、理解していなければいけないと思う。

そんな神と等しい存在である人間が、現状、地球の他の生命を蔑ろにしている。
養殖や栽培で増やせば、好きなだけ搾取して食べても良い、というのは生命を大切に思っていない証拠だと思う。
美味しいとこだけ食べる白米のように、自分勝手な命の取り扱いをしてはいけない。

戦後、急速に医療と栄養学が普及したけど、日本は病人だらけじゃないか。
カロリーが、タンパク質が、ビタミンが、カルシウムが・・・そうやって、サプリメントまで使ってまんべんなく全部摂ろうとする先進国の贅沢な我が儘が他の国の飢餓を生み出す。
肉体という下等のものを養うために人間が作り出したお粗末な栄養学に固執し、尊い命が無駄に消費され、動植物を命と思わなくなり、結果肉体が病になる。

人間は、全生命への責任を担う霊的存在であるのだから、いい加減「一日30品目食べよう!」などと宣う栄養学から離れたらどうか。
f0362049_12491587.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-15 13:05 | スピリチュアリズム | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のおしらせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(12月)

日 時:12月16日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階会議室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
          2章 シルバーバーチ霊界通信の目的
       スピリチュアリズム入門
          顕在意識と潜在意識
3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg



[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-13 16:24 | スピリチュアリズム | Comments(0)

批判と悪口

「一致団結というのは難しいものです。残念ながら地上においては往々にして原理・原則よりも個人的な考えが優先されます。立派な仕事にたずさわっているものの、時が経つにつれて初心を忘れ、一身上のことばかり考えるようになります。人間の煩悩の一つです。それは、つまるところ霊的理解力の欠如から生まれております。献身的に取り組んではいるものの、それは自分の思うように進んでいるかぎりの話です。自分の考えが正しいと思うのは良いとして、それが最高でそれしかないと自惚れはじめます。これが、地上で同じ仕事にたずさわっていて、こちらへ来てからもその成就のために援助している霊を困らせる問題の一つなのです。あなた方に心掛けていただきたいのは、容易なことではありませんが、その種の人間に個人的見解の相違を忘れさせ、基本の原理・原則に立ち帰って、最初にこの仕事に情熱を燃やした時の目標に向かって無心に努力するように指導することです。これは今たずさわっておられる動物愛護の仕事にかぎりません。他の分野においても言えることです。たとえばスピリチュアリズムと呼ばれている思想運動においても、自己顕示欲が強い人がいて、とかく自惚れが原因となって衝突が起きていませんか?」『シルバーバーチの霊訓(8)P213』


長い引用でごめんね。

このブログを立ち上げた主旨は、本当のスピリチュアリズムを伝えるため、偽物や間違いを徹底的に批判しよう、ということで書いてきたんだけど、ここに来て大きな迷いが生じている。

スピリチュアリストのどこまでを批判して良いのか、分からなくなってきた。
いや、私から見るとはっきりとわかるのだが、所詮、悪口を言っている風にしか受け取れないのではないかと思う。

仲間じゃない「スピリチュアル」の批判はジャンジャンして良し、しかし霊的真理の普及に頑張っている仲間の悪口はやめてね・・・。
これが霊界の意向なら、「仲間だから」は、全てを目隠しする。

霊的真理を広めようとする人たちの、僅かほんの一部ではあるが、甚だしく理解していない人、自己顕示欲が強い人、自己修養が出来ない人、そんな「仲間」をどう考えたらいい?

一人一人霊性が違う。
これまで辿ってきた道も違う、これから行く道も違う。
私なんて、指導出来るほどの人徳も信頼もないし、そもそも関わりもない人に悪口という批判しかできないのなら、もう批判という建前の悪口は書くべきではないのだろう。

もっと、大きな霊界の目で全てを見れたら良いのに~
霊界から、瞑想中に答えを貰って貰って貰って、それでも、咀嚼できない。うーん。もどかっしいいっっw。
f0362049_00021366.jpg



[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-09 00:03 | 雑話 | Comments(0)

(問い)動物に投与している抗生物質などの薬品類がめぐりめぐって人間の体内へ入ってきている事実をどう思われますか。
「それは、他の生命に害悪を及ぼすと必ずそれに対して責任を取らされるという、大自然の永遠のサイクルの一環です。他の生命に残酷な仕打ちをしておいて、それが生み出す結果を逃れるということは許されません。貪欲以外に何の理由づけもなしに動物をオリの中で飼育し、動物としての本来の権利を奪うことは、悪循環をこしらえることにしかなりません。そのサイクルの中で因果律が生み出すものに対して、人間は苦しい代償を支払わねばなりません。動物であろうと花であろうと小鳥であろうと人間であろうと自然界全体が恵んでくれる最高のものを得るには、慈悲と愛と哀れみと親切と協調しかないのです。」『シルバーバーチの霊訓8P190』

病院のボランティアで見た患者さんや、仕事先の認知症患者さんたちですが、
可哀想に、知らないとはいえ、人間が他の生命、取り分け動物を無慈悲に食べ続けた結果の責任を取らされているように思えて、仕方がありません。

鳥インフルエンザ問題にしても、そもそもあんな劣悪環境で鶏を飼い殺して、さらに病気が蔓延しそうだからという理由で、健康な鳥類も殺すなんて、なんて惨いことするのでしょう。
いずれ、自然から大きなしっぺ返しが来るはずです。それが摂理です。

今の食生活に何も疑問を感じず、病気になった人たちが不憫です。

「かわいい 動物 ...」の画像検索結果

↑人間は他の生命に残酷な仕打ちをしているという事実。

[PR]
by chiririn9683 | 2016-12-05 19:39 | Comments(0)