ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

依然として神に遠い

『私は生前こう考えた。人間は死んだらすぐ神と直接交通を行い、自己の取るにも足らぬ利害得失の念などは綺麗に振りすてて、礼拝三昧、賛美歌三昧にひたるであろうと、そういう時代も究極においてはあるいは到達するかも知れない。しかし現在のわれわれは未だそれを距ることは甚だ遠い。人間の地上生活は言わば第一の駅馬、われわれの進化の最初の駅馬にすぎない。現在の私の幽界の生活は第二の駅馬である。われわれはまだ不完全である。われわれはまだ個々の願望欲望を脱却し得ない。われわれは依然として神に遠い。要するに宇宙は私の想像していたよりも遙かに広大無辺であり、その秩序整然たる万象の進展は真に驚嘆に値する』

パーソナリティは地上でつけているマスクです。インディビジュアリティ、つまり本当の自我はめったに顔を出しません。(五感に邪魔されて)出そうにも出せないのです。死によって肉体から分離した時に自覚される大きな自我にくらべると実にお粗末なものしか表現しておりません。このようにインディビジュアリティはパーソナリティよりははるかに大きなものです。死後に生き続けるのはパーソナリティではありません。パーソナリティはインディビジュアリティによって投影された影にすぎません。そのインディビジュアリティが、肉体の死後、地上で発揮されなかった潜在的な可能性を少しずつ発揮していきます。
『シルバーバーチの霊訓10』

シルバーバーチは死んで肉体から分離した時に大きな自我を自覚する、と言っています。
一方ステッドは、死んでも願望欲望があり、不完全って言ってるし。

死んだら、肉体の本能から解放されて清々しい自分になるのか、生きてた時のまんまの煩悩満載の自分なのか、どっち??
って、少しだけ思考がまとまってきた。

大きな自我とは、決して立派な自我ということではないってことかな。
何でも見通すことが出来、真実の目で物事を理解できる自分、が大きな自我。
これなら、立派とは関係なく、洞察力が優れた自分ということだけで、霊格が上がったということには ならない。

死後、肉体を捨てて大きな自我を自覚するのなら、なぜ地縛霊が存在するのだろう?
霊界で進化する霊と、地上を彷徨う霊の違いって何かなあって、ずっと考えていたんだ。
どちらの霊も 死後、願望欲望が継続されるのは、本当だと思う。
それを俯瞰し、浄化し、霊性を発達させるのが殆どで、地縛霊は大きな自我で自分を俯瞰するも、地上への執着が強すぎなんだろうな。

こんなこと、当たり前田のクラッカーレベルの知識なのかなぁ?
f0362049_11122232.jpg


[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-29 23:03 | 霊界通信 | Comments(0)

インディビジュアリティの考察


f0362049_00474851.jpg
という図を、スピリチュアリズム普及会さんのスピリチュアリズムが明らかにした複雑な再生のメカニズム からお借りしてきました。


こうしてみると、地上界にあっては潜在意識 霊界にあってはインディビジュアリティ、ということなのかしらん。

どちらも霊的意識ですが、インディビジュアリティは、霊級霊から低級霊まで、霊格の高低が連綿と続く縦の集団というイメージ。

あくまで個人的な感想なんだけど・・・シルバーバーチ衝撃の一言
例えばこの霊媒(バーバネル)と奥さん(シルビア)と私(シルバーバーチ)とは一個のインディビジュアリティに所属しております。
で、私は縦集団のイメージが定着です。

バーバネルと奥さんはアフィニティだから霊格も同等、は いいとして、高級霊シルバーバーチと、再生人生を歩むバーバネル夫妻が同じ霊格のはずがないと思うの。
類魂は、同一霊格の横の集まり、インディビジュアリティは霊格が違うが同じ系統の縦の集まり。
こう考えると、自分的にナイスなんだけどなあ。どだろう(^^;)

さて、長いけど原本の引用はこちら↓
(問)一般的に言って指導霊というのは人間のパーソナリティの規模を拡張した、その延長と考えてよろしいでしょうか。それともまったく別個の存在でしょうか
(シルバーバーチ)とても複雑な問題です。今おっしゃったパーソナリティはインディビジュアリティに置き換えた方がよいと思います。私は物的身体から派生する人物像であるパーソナリティと、その人物像という仮面(マスク)の背後の実像であるインディビジュアリティとを区別しております。地上ではあなたという存在はあくまでも独立した一人物ですが、霊的なインディビジュアリティは必ずしもそうではありません。例えばアフィニティというのがあります。これは一個の魂が半分に分かれた存在で、二つが同時に地上へ誕生することがあるのです。それから私がダイヤモンドの側面にたとえている<霊相>とでも呼ぶべきものがあります。
一個のダイヤモンドがあって、それに沢山の”facet があります。それぞれが地上に誕生して体験を持ち帰り、ダイヤモンドの光沢を増します。さらにそのダイヤモンドがいくつか集まって一個のインディビジュアリティを構成しております。例えばこの霊媒(バーバネル)と奥さん(シルビア・バーバネル)と私(シルバーバーチ)とは一個のインディビジュアリティに所属しております。一人の支配霊がいくつかの類魂を従えていることがあるわけです。それを延長と呼びたければそう呼ばれても結構です。が、結局は同じことに帰一します。つまり地上で肉体を通して顕現するのはインディビジュアリティのごくごく小さな一部ということです。『シルバーバーチの霊訓10』

私が今謎っているのは
「潜在意識」は、高級な思考の集まりなのかどうか、なんです。
潜在意識は、地上に生きている今の自分より低い低級な意識は含まれていないのでしょうか。

スピリチュアル普及会さんの前回のブログ記事で取り上げたこの文章

潜在意識を多く顕在意識化できる人間とは、「霊性」の発達した人間のことです。そのような人は、必然的に精神的で崇高な人生を送るようになります。反対に霊的意識を全く顕在意識化できない者は、肉の心(動物本能)だけに支配された人生を歩むようになります。

潜在意識は崇高なもの、という前提で書かれておられます。
低い潜在意識をより顕在意識に引っ張り出した人っていないのかな?
例えば、アル中や麻薬中毒、この人たちは低い潜在意識を引っ張り出すかも?

他にも疑問があります。
動物本能は個体を生存させるために必要な本能ですが、そんなにレベルの低い酷いものなのでしょうか?
野生動物は、自分が生きる範囲でしか食べない、行動しない。
人間の潜在意識が人間個々の動物本能を助長して被せて、更に悪く強欲化しているのではないでしょうか?
動物本能だけの人間って、ターザンのイメージ・・・・ターザンが現代人より悪に染まっているように思えなくて。
まあ、人間は社会的動物だから環境次第のとこもあるけど・・・・

と、ツラツラと疑問を書いてみましたが、やっぱ、まだまだ勉強不足なんだろうな。
いずれ、理解できたらいいな、と思います。

f0362049_11115134.jpg




[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-27 00:43 | スピリチュアリズムの探究 | Comments(0)

潜在意識と高次の自分

物質界にあっても聖人は聖人ですし、最下等の人間はいつまでも最下等のままです。地上だから、霊界だからということで違いが生ずるのではありません。要は魂の進化の問題です。
『シルバーバーチは語る』

私たち各個人は〈肉体的な心〉のほかに〈霊的な心〉を持っています。
肉体的な心は、物理的な感覚の受容と感知、快適さ、性的表現、有機体の方向、地上的知識の収集と支配などとかかわっています。
霊的な心は、生命の持つ高低の動機、理想主義や野心、感情、愛、憎しみ、寛大さ、卑しさなどにかかわっています。意識はこの二つの心が出会う場所です。
肉体的な心は霊的な心に善悪いずれかの影響を与えます。
反対に霊的な心は肉体的な心を動機づけます。
『ハリー・エドワーズ 霊的治療の解明 抜粋』

地上人にとって「霊の心」の意識(霊的意識)の大半は、潜在意識となっています。霊的意識は地上人においては、そのほんの一部が顕在意識として自覚されているにすぎません。しかし死んで肉体・脳を捨て去ると、地上時代には自覚できなかった霊的意識を、すべて自覚できるようになります。今まで知らなかった自分自身の本当の心を発見することになります。そして自分の心の変化と広がりに、一様に驚くようになります。・・・
潜在意識を多く顕在意識化できる人間とは、「霊性」の発達した人間のことです。そのような人は、必然的に精神的で崇高な人生を送るようになります。反対に霊的意識を全く顕在意識化できない者は、肉の心(動物本能)だけに支配された人生を歩むようになります。


潜在意識を単純に「より高次元な自分」という捉え方をすると、シルバーバーチの言ってることや、エドワーズが言ってること、それに霊界下層の未熟霊のことなどの説明がつかなくなる。
潜在意識をより引き出すために ヘミシンクとか、ドラッグとか、瞑想とかの宗教的な修行があるけど、人によっては問題をいろいろ起こす。問題が起こること自体、けっこう低い潜在意識しか引き出すことができない低い意識の持ち主だから、ということではないか?

死ねば、顕在意識と潜在意識が合体して、「インディビジュアリティー」と呼ばれる、本当の心になる、というのだが
この「本当の心(自分)」という表現が曲者だと思う。

早い話、エロじじいが、死ねば肉体がないのだからという理由で、エロ脱却して聖人になる、ということなんかないはずだ。
地上生活で、己の快楽の追求ばかりしてたものは、死んでも自分の快楽にしか目が向かないだろう。
「卑しい」という霊的な心を地上で増大させたのだから・・・

インディビジュアリティーも、パーソナリティーと呼ばれる今の自分もさほど大差ないと思う。奥ゆきが違うだけで。
死んで肉体を脱ぐことによって、本能という肉体の心との葛藤がなくなるけど、葛藤に負ける性格の弱さ未熟さはそのまんま霊界に持ち越しだ。ただ死後も霊性を高めることで、より洗練された霊的個性(インディビジュアリティ)になっていく。

死ねば、肉体から解放され、いきなり小増しな自分になる、という甘い考えは捨てようと思う。
f0362049_11125141.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-23 18:13 | スピリチュアリズムの探究 | Comments(1)

お色気手当

最近 左の口端がピクピクとしびれる時があるんだ。
仕事の前の日とか、仕事中とか。なんかチックっぽいの。

ストレスらしい。

男ばかりの入居者さんに囲まれた「男祭り」のフロア。
職員さんは、みんな底抜けに明るい。だから見ていて楽しい。

介助中に、触られたりすると、
「はい! お色気手当ちょーだい!!」

車いすなどに移乗させる時でも
「今だけ特別や!背中触らしたろ!!」

セクハラにも顔色一つ変えずに笑いに変える。
冗談ばかり言いあって、職員同士を貶したりなどしない。

私だって上手く対応しているはずだけど・・・なんか、それもストレス。

霊的真理とは別次元で、現実の仕事で四苦八苦している私がいる。
環境に順応することって、ことのほか難しいみたい。

「お色気手当」なんていらないけど(実際もらえないけど)そう言って笑い飛ばせるくらいの豪快さは欲しい!
自分の弱さが職場のストレスとして体に表れているのかなあ。
f0362049_11123540.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-19 23:35 | 仕事 | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(1月)

日 時:2017年01月20日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
          顕在意識と潜在意識
3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-17 19:42 | 読書会 | Comments(0)

丹波哲郎サマ「大霊界」三部作

f0362049_20045614.jpg








ぷちサークルでの勉強会でのこと。メンバーで輪読するのが常なのだが、ニューズレター4号を読み上げていたら、突然、た・・・丹波哲郎???

道具意識は、時には「私はマウスピースにすぎません」(シルバーバーチ)という表現で語られることもあります。この言葉を思い出すたびに浮かぶのが、俳優の丹波哲郎氏のことです。彼はよく、「自分は霊界の宣伝マンである」と言っています。この言葉を通して、彼がどのようなスピリチュアリストであるのかが分かります。彼の言う「霊界の宣伝マン」とは、まさにシルバーバーチの言う「高級霊のマウスピース」のことであり、これまで述べてきた「高級霊界の道具」と同じことなのです。そこに丹波氏が、自分の人生を純粋に霊的真理普及のために捧げている、本物のスピリチュアリストであることが表れています。

「はい~っ???」全員大爆笑!!
「「丹波哲郎」ってGメン75の人よね~?」
「「丹波哲郎」って高級霊だったの?」
「そういえば、ドリフの天使のような映画あったよね。天使の格好して一斉に踊ってんのよね~♡」
「うちのお母さんが映画見に行った。」
「映画で借金作ったんだったっけ・・?」

ここに来て何故「丹波哲郎」なのか、何がどうして本物のスピリチュアリストなのか全然分からず・・ザワザワ・・・。

ところが、あなオソロシや~。丹波哲郎サマが、私らの不謹慎な会話を聞いていたかのごとく、一週間後には、「大霊界シリーズ全3巻」が、手に入ることとなる・・・

丹波サマの「大霊界」 こっちが驚いたわ~!!
映画の内容について言うと、死後の世界を忠実に忠実に再現しているのは良いが、「スピリチュアリズム」を盛りすぎて映画自体は沈没してしまった感が・・・(^^;;)
けど、見た人は、そのまんま信じていいよ。映像はともかく、中身はパーフェクト的に正しいから。
CG技術があればもっと良かったのにね。昭和臭がきつくて、ここら辺が時代の先端を行きすぎた感じ。
天使の赤、黄 青の3色使いはキャンディーズだよね。これも昭和のレトロ感。
「大霊界3」が時代劇で、一番面白かった。これは今放送されても通用する。やっぱ、昭和の時代劇は秀逸だわっw。

冗談かと思っていたけど、確かに「丹波サマ」は「高級霊のマウスピース」ね。
こんなに早く視聴することができるなんて感激!!天国の丹波哲郎サマ ありがとう!!
ごめんね。笑いすぎて・・・・凄い大人物なのに。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-13 20:06 | メディア | Comments(2)

インコにヒーリング

最近とみにヒーリングする機会が増加中。

昔、ネットで知り合った人に臼井式西洋レイキをザックリと遠隔伝授して貰ったから、自分のは一応レイキってことにしている。
しかし、そもそも臼井式には遠隔伝授ってものは存在しないし、ありえんほどの超安値だったりで、限りなくグレーゾーンなのだ。こんなんでも、そこそこ効き目はあるみたい。

先日も、インコの雛ちゃんが鼻水と生あくびでぐったりしているっていう依頼が来たので、
とりあえず写真を送ってもらい、その写真に向かってエネルギーを流した。
次の日には元気になったそう。

うちのインコもそうだが、動物は純粋な分、わりとこの手のエネルギーが効きやすい気がする。

もし、ペットを飼っているのなら、試してみたらいいよ。

右手と左手を合掌してしばらくすると、手のひらが温かくなる。
その温かさが、ヒーリングエネルギーだから、そのエネルギーを相手に送るようにイメージするんだ。

簡単。これだけなんだ。誰でもできるよ。
相手をいたわる気持ちがヒーリングだと思う。
f0362049_22431792.jpg
↑元気になって良かったね



[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-08 22:48 | ヒーリング | Comments(0)

断食は意識改革

目標をいつもその一点に置いてください。すなわち魂を生命の実相に目覚めさせることです。それがすべての霊的活動の目標――大切な目標です。ほかのことは一切かまいません。病気治療も、霊的交信を通じての慰めも、さまざまな霊的現象も、究極的には人間が例外なく大霊の分霊であること、すなわち今この時点においても霊的存在であるというメッセージに目を向けさせてはじめて意義があり、大霊から授かった霊的遺産を我がものとし、天命を成就するためには、ぜひともその理解が必要なのです。『シルバーバーチの霊訓 霊的新時代の到来 第4章P137』

年末に断食道場に2泊してきました。
冬って体重落ちやすいわぁ~!!はい。ー2Kg。目的が違うので、どうでもいいのですけど・・・
塩分が汗で消費されない分暑さでぐだることないから体も楽だし、夏より冬のほうが絶対ましよ~。

断食の目的は、「持病を治して寿命を延ばすため」だそう。つまり「元気で長生き」ってこと。

でも違うんだ~。寿命は決まっているもの。人は死んでも霊界で生きるから、寿命も死因も大した問題じゃないのよ。
そんなことより、自分の天命を知り、この世での役割を立派に果たしきるために、努力すべき。そのための一つのツールが「断食」だったり、「少食」だったり。
同じ断食するにしても、死後の世界を知っておくということは、本当にそれだけで最高に幸せなこと。
「寿命を延ばす」とか「健康になる」とか「痩せる」とかの肉体的価値に縛られなくてすむから、その分「霊主肉従」を堪能できる、純粋に楽しめる!!
なんせ、今回の断食目的は「愛と慈悲が実行できる肉体と心になる!」でしたからね。満足満足(笑)
(健康が目的だと、体操一つにとっても何回、何秒とか指示が細かいゾ!伸びやかに体操も断食もできんくなる)

あっそうだ。
「断食断食」って言ってるけど「長期の断食」は意外と問題多いらしいです。
一日断食くらいが丁度良いそうです。朝食抜きの半日断食でもいい。一ヶ月に1回か、2回くらい一日断食でもやればそれで上々です。
人間には本来断食なんか必要ないのだけど、現代人は食べ過ぎだからね~。たまには臓器を休ませる時間が必要らしいです。(病気治癒は別)
『参考 甲田光雄 断食博士の「西式健康法」入門 P152』


断食道場から視た風景。田舎万歳!↓
f0362049_11120441.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-06 14:32 | 断食 | Comments(0)

悪魔の調味料

本当は、身体が健康であればあるほど、その要求するものが自然の理に適ったものになるように出来ているのです。・・・そして、それだけ霊性が発揮されやすくなります。その辺が狂うと、次から次へと厄介なことが生じるようになります。健康な身体ほど、精神と霊が顕現しやすいのです。所詮、地上ではその身体を通す以外に、自我の発現の手段はありません。・・・不幸にして人類は、文明というものに毒されて、ますます人工的になりつつあります。タバコを吸いすぎます。アルコールを飲みすぎます。刺激物を取りすぎます。こうしたものはみないけません。大自然の要求どおりに生きていれば、身体はそうしたものを要求しません。不自然な生き方をしていると、そういった不自然なものを摂取しなくてはならなくなるのです。食欲をそそるものが要るようになるのです」『シルバーバーチの霊訓 霊的新時代の到来P187』

食べられる動物にとって、ヨシダソースも 焼き肉のたれも スパイスも ニンニクも、ぜんぶ悪魔の調味料だ。
味付けなしで、美味しく食べることのできる肉なんて無いと思うよ。肉が美味しいわけじゃないんだ。調味料が食欲をそそるんだ。

シルバーバーチの言葉って、ここら辺も真理だなって思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-02 21:50 | | Comments(0)

正しい生き方を知ること

(問い)私たちが食するものの多くが汚染されていることも問題です
おっしゃるとおりです。ですが、霊的に正常で精神も正常であれば、その程度のことは問題のうちに入りません。・・・所詮地上では完全は望めません。・・・でも少しでも不完全を少なくし、発展を求めていく努力を怠ってはなりません。日常生活でも心の持ち方を正すことです。そうすれば生活形態が正されます。そうなれば神の摂理を犯すこともなくなります。過去の過ちを正さないかぎり道は拓けません。・・・間違った生き方をしていて、それで体調を崩したら、心霊治療家のところへ行けば治してくれると思うのは間違いです。心霊治療はそういうものではありません。人間は責任ある存在です。正しい生き方を知らないといけません。摂理を犯したら、その責任として代償を払わないといけません。『シルバーバーチ最後の啓示P112』

やっぱり、今の日本人の食生活は良くないっ。
農薬などの汚染を気にして人参の皮を剥いたりするけど、シルバーバーチをの言うとおり、それくらいのことは人体にはあまり影響ないって思う。ただね、正しい生き方を知らなくて、とんでもない食生活をしている人が殆どなんじゃないかと思う。

人間の仲間である動物を酷い環境で育てて、その肉を食す。これは哺乳類の共食い。
白砂糖を大量にとり続けることで、骨からカルシウムを奪い、血糖値を乱高下させた結果、大病になる。
大量の食事を摂ることで、胃腸を荒し、臓器を痛め、老化を早める。

心の持ち方を正すこと。
食は心と密接に繋がっている。

生き物の命を大切にすれば、肉や魚を食べることなんてしないだろう。
心がいつも穏やかで神とともにあるのならば、白砂糖の中毒やたばこ、アルコールも避けることができるだろう。
少しでも人に分けたいという思いがあるのなら、無駄に大量の食料を買わなくなるだろう。浮いたお金で寄付でもすれば良い。

私が仕事で接する認知症患者たち。
皆、甘い物大好きなんだ。肉もパンも大好き。体に悪いもの大好き。いつも「なんか甘い物、ちょうだい」って催促される。
確かに個体差はあるよ。ある認知症のおじいさんは甘い物大好きだったけど元気で、病気といえば白内障と軽い認知症くらいしかなかったもん。体質的に弱い人が糖尿病とか認知症とかになっているってことはわかるけど、防ぐこともできたと思うんだ。
かわいそうに・・・。日本に住んでるから、美味しいものいっぱいあるものね。買えばいくらでも食べられるものね。
摂理を犯した代償は、ため息つくほど大きいです。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-01-01 00:22 | スピリチュアリズム | Comments(0)