ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

密林で行方不明になった男性の供述

ネットでのニュース記事


25歳のチリ人男性が公園内で突然消息を絶ったが、ジャングルで行きのび、9日後に発見された、というニュースです。

で、どうして行方不明になったのか、男性(マイコールさん)が語る内容が実に示唆に富んでいます。

 姿を消した晩に、不思議な、恐ろしい考えが心に忍び込んだとマイコールさんは明かした。熱帯雨林から出たいという衝動を覚え、抑えることができなかったという。

「それで走り出した」とマイコールさん。「サンダルをはいていたけど、『だめだ、これじゃ速く走れない』と言って脱ぎ捨てた。携帯も懐中電灯も捨てた。走りに走ったあと、ある木の下で止まり、『何てことをしたんだ、何をしているんだ』と考え始めた。そして、戻りたいと思ったときにはもう戻れなくなっていた」

 捜索に当たった面々は、デュエンデ(いたずら好きの妖精)が一時的に彼を惑わせ、別の次元に誘い込んでしまったと信じている。異常な考え、シャーマンの証言、奇妙な蒸発といったすべての兆候が、それを示しているとのことだ。

 一方マイコールさんは、そういうことではなかったと主張する。彼はシャーマニズムもボリビア低地の文化も信じず、神だけを信じている。そして、あの晩に自身に何か起こったことが完全には分からないものの、ジャングルで九死に一生を得た経験は決して忘れられないと話した。



・・・・だそうです。
そうか。これが世に言う神隠しの真相だな。
低級霊が、彼に憑依したんだろうね。

現地の儀式を断った、ということで、心に隙が産まれたのかもしれない。
もともと、低級霊と繋がりやすい憑依体質だったのが一番の理由だと思うけど。

憑依霊に引っかからないためには、己の霊格を上げておくことでしょうね。しみじみ・・・・

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-29 21:40 | Comments(0)

「笑顔笑顔でぶっ通す」の修行

笑顔のあるところに大霊の働きがあるのです。悩みの中にあっても笑いを失ってはいけません。それができるようになれば何事も必ず解決します。このことは私が永いあいだ繰り返し申し上げてきたことです。俗世のことに悩まされて笑顔を忘れるようでは、まだまだ真理を悟ったとは言えません。『シルバーバーチの霊訓12』

って、シルバーバーチの言葉だし、滝師匠も滝行より難しい修行かもっておっしゃってるし、日常の中で簡単に出来そうだしで、
「ひたすら笑顔の修行」を実行しているのですが・・・
これが修行を意識した時点でハードルがググッっと上がるんですよ。

人との関わり合いが絡むと、本当に難しいです。
というか、不可能レベルだと思う。

少しは笑顔を意識したぞっ、ていうくらいの頑張りでも立派な修行ですね。
施設の入居者さんや同僚には100%笑顔で対応できてもね・・・・
身内には、疲れている分厳しいわ・・・

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-29 08:43 | 修行 | Comments(0)

スピリットヒーリングとサイキックヒーリングの違い

「レイキは辞めだ辞めだぁ~!ってことで、ここは一つスピリット・ヒーリングで・・・・」

と、私の友人(霊能者)にヒーリングさせて頂きました。

先に結果を言うけど、失敗だからね。

ただ、スピリットヒーリングとレイキ(サイキックヒーリング)の違いだけはよ~く分かりました。

ヒーリング開始30分前に、普及会スピリット・ヒーリングの箇所を読んだり、シルバーバーチを読みました。
祈りを捧げ、その後瞑想していると、周囲に何人もの霊が集まってくるのが感じられました。一糸乱れぬチームワークで、無言のまま私を囲んで動いています。時々黒い点とか白い光が見えます。色濃い霊の気配。

(※ちなみにレイキではナスカの地上絵のようなシンボルを空中に書き、マントラと言われる呪文を唱えます。当然霊の気配を感じることはなく、エネルギーが自分の手に満たされることで温かく痺れのような感覚が直ぐに来て、そのまま相手の姿を思いながらエネルギーを照射するイメージを保ちながらヒーリングします)

「わぉっ!これはいけるぞ!」となんか嬉しくなってきます。

しかし、約束の時間が来て、いざヒーリングを開始しても、全然エネルギーが流れないのです。
霊界の霊がスタンバイしているのにですよ。焦る焦る!!
こうなると、雑音とかも気になり出すし、集中力もへったくれもあったもんじゃない。
停止しているエスカレーターの階段をひたすら上がっている感覚で、動揺しまくります。

「これではいけない」と、中断し、途中ハリーエドワーズの霊的治療の解明という本を開けて心を落ち着かせようとします。
丁度、ヒーリング中に爆弾が飛んできてヒーリングを中止した、という内容の箇所だったので、
「なるほどね。霊的治療には時間通りの規則性などないのね。リベンジじゃー!!!」
と、ヒーリングを再開してみたのですが、どうしてもエネルギーが流れないのです。
10分くらいして、霊の気配が消え、自分も諦めて、終了しました。
頭の中のイメージは、
水道管の配管の口径が合っていなくて、霊界が私に繋ぎたくても繋がらない図が出てくるの。
当然、友人は霊体でエネルギーをキャッチ出来なかったそうです。

でも、今回のことで、
スピリット・ヒーリングって、本当に霊医の集団がいて、私のような繋がらない輩でも 私の呼びかけに応じて全力を尽くしてくれていることが分かりました。
レイキとは全然違う。スピリット・ヒーリングは実際に霊医がいるもん。

もし、スピリチュアリズム普及会の公開ヒーリングに行かれるなら、霊医の存在を素直に感じてみて下さいね。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-23 23:59 | ヒーリング | Comments(0)

肉体行の弊害について(メール紹介)

滝行が趣味の滝師匠からの回答がすごく良かったので紹介しますね。

以下転載 <肉体行の弊害について>↓

肉体的な面と精神的な面で弊害があると思います。

肉体的な面というのは行をやりすぎてしまって
肉体を痛めてしまって身体的な障害を負う結果になる、ということだと思います。

行をやればやるほど「もっと出来るじゃないか。もっと出来るじゃないか」とエンジンがかかってしまって
自分の限界のコントロールを誤り、調子にのってどんどんやりすぎてしまうことがあると思います。
その結果肉体を痛めてしまい、健康を失うという弊害があると思います。

それと関連していると思いますが、
もう一つの精神的な弊害は、ちりりんさんの仰られるように「自己の追求」の結果
いわば「傲慢」になってしまうことだと思います。

たとえ「傲慢になってはいけない。天狗になってはいけない」と思っていても
「天狗になっていないつもりの大天狗」なってしまう怖さがあると思います。
それは一見謙虚そうに見えても内心に思い上がりがある、という感じです。

でもそれはある意味仕方のないことだと思います。

修行をすることで、自信はつきますがそれは即思い上がりを意味するところがあるのかなと。
ですが「修行=傲慢」という図式はいわばワンセットで切り離せない仕方のないことだと思います。



苦行をやれば「自分は人には出来ない苦行をやったんだ」「自分には人にはない霊感があるんだ」
みたいな感じで、いわゆる「行者天狗」になってしまう人もいると学んでいます。
「行者天狗」の人は自分で天狗になっているとは思っていないところがあって
いわば低級霊系の霊界に通じてしまっているイメージがあります。

僕は「神さまの引っ掛け問題」と呼んでいますが
修行をすることで、引っかかって「行者天狗」もしくは「天狗になっていないつもりの大天狗」になるのではなく
これは引っ掛け問題なんだと見抜いて更なる謙虚さにつなげていく

結果的に傲慢な方向にいきそうな自分を克服して
更なる「謙虚さ」につなげていくことが出来たら理想的だと思います。

霊的成長にとって謙虚さはすごく大事だと思います。
シルバーバーチの謙虚さを模範としていれば大丈夫だとおもうのですが

謙虚さを失いそうになったら、すぐにシルバーバーチの謙虚さを思い出して
「シルバーバーチはあんなにすごいのに名前すら名乗らなかったんだよなあ」と
すぐに思い上がってしまう自分を恥ずかしく思って諌めたり。

全然未熟な自分が言うのも恥ずかしいのですが
「修行→謙虚さを学ぶ」、という方向に修行をつなげていけるように意識しています。

修行は自分で考案してもいいと思います。
例えば24時間「ずっと笑顔でいる行」とか。

「山の行より里の行」という言葉がありますが
別に山や寺に行かなくても日常生活の中で出来るという行です。

四六時中一人でいるときもどんなときも
ぶっ通しで笑顔笑顔でいる「行」ってすごいと思います。
この行はいつかやってみようと思っていますが、
日常生活は笑ってられないことばかりでなかなかどうして
極めて難しい行だと思います。

おそらく冬の滝行よりレベルは高いと思います。
いつか挑戦してみますね。

修行は明るくウキウキした気分でやると良いと思っています。
霊的成長するために修行するわけですから
明るくウキウキ楽しく修行するのが正しいと思います。

霊的成長が嬉しくてたまらない。
大霊への感謝が嬉しくてニコニコがとまらない、みたいな。

未熟な僕ですが、もしよろしければ参考にしていただければ嬉しいです。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-19 22:00 | 修行の危険性 | Comments(2)

レイキを捨てる

私は、磁気エネルギーをタップタプに持っているもんだで、結構気軽にバンバンとレイキヒーリングしていたのだが、もう止めることにした。
今日のゴミ収集日にあわせて、伝授書もろもろ捨てた。

あーすっきり。
やっとシンボルとかマントラとか、宗教の儀式のような創始者の決め事から抜け出せた。

止めた理由。
ある霊能者にヒーリングしたところ、私のサイキックエネルギーの雑味を指摘されたから。

レイキは地上のエネルギー、肉体エネルギー、もしくは精神のエネルギーだから、肉体本能なり感情なりの「私」も多少付加されてしまう・・みたいな。

まぁねっ、他の人には分からないほどの僅かな瑕疵だと思う。
しかし、霊能者の霊能者たる所以は、人が感じないレベルの弱い波動を拾う能力が突出して高い、ということなのよ。拾われちゃったぁー。

しかも、これで2例目。
以前、他の霊能者にヒーリングしたことがあって、その時は、送っている私自身がその波動に気がついた。
その時は無視したんだけど。

他のレイキヒーラーが私と同じかどうか知らないから、レイキの危険性はわからないけど、私はこれにて足を洗うわ。

さようなら~1万円! エネルギーワークって見えないのに高額だから、コピーもとって大切に扱っていたの。
それが今となっては見えないゴミ・・・

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-17 21:29 | ヒーリング | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のおしらせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(3月)

日 時:2017年03月17日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
          第一章 人間の構造と霊魂観

3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-13 21:57 | 読書会 | Comments(0)

断食の危険性

(問い)世俗から隔絶した場所で瞑想の生活を送っている人がいますが、あれで良いのでしょうか。
「“良い“と言う言葉の意味次第です。世俗から離れた生活は心霊能力の発達には好都合で、その意味では良いと言えるでしょう。がわたしの考えでは、世俗の中で生活しつつ、しかも世俗から超然とした生活の方がはるかに上です。つまり霊的自覚に基づいた努力と忍耐と向上を通じて同胞のために尽くすことが、人間本来のあるべき姿だと思います。『シルバーバーチの霊訓4』

世俗から離れての生活って言えば真っ先に思い浮かべるのが修験者とか修行僧とか。
根性なしの私じゃ絶対に出来ないから憧れてたんですけど、自分がまねごと断食をやってみて弊害が分かってきた。
断食を繰り返すことで、確かに霊感は伸びたように思う。
しかしその霊感で他者の欠点や未熟な部分が吐き気がするほど嫌になった。
その結果 ますます孤独万歳、他者と関わりたくないっていう、自己中な考えに陥った。
これじゃ、大霊の御心の真逆ではないか。同胞に尽くすどころか、同胞を毛嫌いしてくるのだから・・・・・。
ううーーん。参った!!
さすがに憑依はされないけど、これ以上理由のない断食は無理だな。

それに何だよ。断食を繰り返したけど、その後爆食するから、体重はすっかり+3Kg。
まあ、どうでもいいのだけど・・・・、いや、本当にいいのか?このままでは相撲がとれるぞ。

(問い)世俗から離れた生活は自分のためでしかないということでしょうか。
「いちばん偉大なことは他人のために己を忘れることです。自分の能力を発達させること自体は結構なことです。が開発した才能を他人のために活用することの方がもっと大切です」『シルバーバーチの霊訓4』

うえーん。
決して自分のためにやったわけではないのよ。でも、回り回って自分だけのためになってしまった・・・・
シルバーバーチの言葉が骨身に染みる。自分の馬鹿さ加減が痛いわ。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-09 21:00 | 断食 | Comments(0)

いつか霊的覚醒が・・・

死んで間もない段階では地上にいた時と少しも変わりません。肉体を捨てたというだけのことです。個性は同じです。性格も変わっておりません。習性も特徴も性癖もそっくりそのままです。利己的な人は相変わらず利己的です。欲深い人間は相変わらず欲深です。無知な人は相変わらず無知のままです。落ち込んでいた人は相変わらず落ち込んだままです。しかし、そのうち霊的覚醒の過程が始まります。いわゆる“復活”です。『シルバーバーチの霊訓12』


施設には寄りつきもしなかったけど、(ちなみに家族さんも、寄りつきもしなかった)私個人的には何度か思念が届いてて、身軽な霊として幽界と地上界の堺目を楽しく満喫しているもよう・・・・。

私のトイレ介助は不満だらけだったようで、駄目だしのメッセージまで思念で届いたわ。
もっとギリギリまで便座に車いすを近づけて欲しかったって。
了解!他の利用者さんには、そうしてみるね。

おばあさんが救急搬送されて3日後かな。実はかなり私の近くで気配を感じていたんだ。
その週は仕事が非番で情報が全く来なかったけど、何か異変が起こっているような気がしていた。
しかし、
出社してみると、おばあさんは相変わらず入院中だということ。
その時は、何故、そんなに気配を感じるのか不思議だったのだけど、
後で聞いた話によると、救急搬送3日後に意識不明になり、二週間後に意識が戻らないまま他界した、ということだった。
どうやら、おばあさんが意識不明になった時、私の意識と繋がったみたい。
だからどうだっていうことでもないのだけど、こういうこともあるのかなあ。

シルバーバーチは「どんな人もそのうち霊的覚醒の課程が始まる」って言ってるから、このおばあさんも、まあ大丈夫だと思う。今は全然だけど。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-03-05 00:27 | 仕事 | Comments(0)