ブログトップ

スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

chiri9683.exblog.jp

<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

霊界通信 イエスの弟子達

「霊界通信 イエスの弟子達―パウロの回心前後」の感想を頂きましたので、紹介します。

今、「イエスの弟子達」を読み終えたところです。
サウロの迫害が随分と激しいものであったことが、まるで目の前で展開しているような微に入り細に入りの内容から聖書よりよほど理解ができました。
イエスの少年時代と成年時代の2冊とこの本も含めて、イエス像はシルバーバーチが霊訓で述べている内容と同じで、通信内容も霊訓の内容とまったく矛盾せず同じものでした。
これら一連の本を通してつくづく考えさせられることは、21世紀の我々には多くの霊的摂理がすでに届けられており、何も命がけの集会に参加しなくてもインターネットや出版物からその気になれば自宅で居ながらにして簡単に入手できるという、いかに恵まれた環境にあるかということです。
他方、この恵まれた環境とは逆比例するかのように、社会的権威や地位名誉に固執し、飢える心配もないのにお金が全てという唯物・拝金主義の風潮は当時よりももっとひどくなっているように思えます。
戦争やテロ、貧富の格差、独裁者、エゴ丸出しの国々などのニュースを見るにつけ、我々はイエスの時代から何回も再生を繰り返し霊的真理を受けいれる段階にまで来ているからこそ霊的摂理が降ろされたとはいえ、本当に霊的、精神的に人類は成長してきているのだろうかとついつい考えてしまいます。
いずれにしろ、今でいうスピリチュアリズムの普及活動であったナザレ人イエスが霊界から降ろした愛の霊的摂理が、その後の弟子やパウロの命を賭した努力にもかかわらず、組織維持のため人間的夾雑物の教義によって捻じ曲げられ、霊的開放どころか長い間人類を霊的牢獄に押し込めることになったことに対して、1848年から始まった今度こそという霊界の強い意志がよく理解できる、そのきっかけとなる本でした。

私は色々あってまだ読んでいないのですけど、ご興味を持たれたなら是非~♪



[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-27 21:35 | | Comments(0)

霊界通信 イエスの少年時代 イエスの成年時代


f0362049_22071656.jpg

素晴らしい感想を頂きましたので転載いたします。

イエスの少年時代と成年時代を読みました。
今までこの本の存在はずっと前から知っておりましたが、あえて避けておりました。
キリスト教のドグマに洗脳されていた苦い経験から拒絶反応のようなものです。
しかし、ブログ(シルバーバーチを拠り所にして)の感想をみて思い切って取り寄せて読んでみました。
イエスの少年時代と成年時代のいわば上下で完成した本ですが、従来の聖書は人間の手で書き換えられており、カミンズのこちら
の方が“真の聖書”だと思います。
ナザレ人イエスの人間としての葛藤やあえて人を避けた生活をやめ、世俗社会の中に身を置き、家族を始め様々な人間間の葛藤や試練・困難に遭遇して霊性を引き出していくという正に我々の手本を示されたのだと思います。
世の中の社会的地位の高い人やお金持ちがいかに神の道から遠いかがよくわかります。
これは今でもキリスト教の組織や唯物拝金主義の中にみられ全く当時と変わっておりません。
聖書に書かれている初めから神格化されたイエス像から、私の中ではとても身近なナザレ人イエスに変わりました。
今後も折に 触れ大切に読み直してみたいと思っております。

以上、心に響く内容でしたので紹介させて頂きました。

私もイエスがキリスト教の神格化されたイエスじゃなくて、偉大だけど身近な人ということがわかってとても嬉しかったです。

私は「イエスの成年時代」に出てくる口のきけないアサフが好きだな。
イエスがアサフにこう言うの。
「アサフよ、よく聞きなさい。私と運命を共にすると、必ず悲しい最期がやってくるんだよ。私はおまえを巻き添えにはしたくないんだ。だから私と分かれ町へ行きなさい。」
で、アサフが砂の上に文字を書いて返答するんだけど、超格好いい。男前すぎ!!
「あなたなしで命をながらえるくらいなら、いっそ共に死んだほうがましである。」

私も、アサフと同じだな。霊的真理が根付かない場所では生きられない。
スピリチュアリズム運動の最高指揮官がイエスで良かった。
イエスって霊的真理を誰よりも孤独の中で体得した人だから。
この人こそスピリチュアリズム運動の中心になるべき人だって、運命を共にしたいって思う。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-23 22:36 | 霊界通信 | Comments(0)

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお知らせです。

読書会のご案内(4月)

日 時:2017年4月21日9:30~11:30 
(毎月第3金曜日開催) 
場 所:神戸市北区民センター 本館4階和室
(神戸市立北図書館が入っている建物です)
    
持 ち 物 :筆記用具     
     シルバーバーチの教え(上)巻
     スピリチュアリズム入門                 

読書会のプログラム
1)開会の祈りと瞑想
2)勉強会  シルバーバーチの教え(上)
        4章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
       スピリチュアリズム入門
        死後の世界

3)感想
4)閉会の祈り

テキストは一般の書店では販売していません。
スピリチュアリズム普及会のHPから入手してください。
なお、その時に「シルバーバーチの教え(下)巻」と「続スピリチュアリズム入門」も合わせて購入することをお勧めします。  
参加費:無料

北神戸シルバーバーチ読書会HP
f0362049_16230069.jpg

[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-19 19:08 | 読書会 | Comments(0)

危険を冒して地上へやってくる

われわれは肉体という鈍重な衣服をまとってホンの束の間を地上で暮らしているわけで、すぐにまた元の生活すなわち霊界での生活に戻るわけです。つまり、もともと霊界で暮らしている者が危険を冒して地上へやってくるにすぎないのです。『近藤千雄 古代霊は語る』

って 近藤先生もおっしゃってるし・・・

あなたの地上生活は霊の幼稚園のようなものと思えばよろしい。真の自我である霊が私たちの世界つまり霊界での生活に備えるために、この地上で学習をするのです。しかし現実には、あまりに多くの人間が何の備えもなくやってまいります。そのため、こちらで改めて教育しなければなりません。地上でも,学校へ行かなかった大人に基本から教え直すのは難しいものですが、こちらへ来た人間に基本的な霊的教育をするのは、それよりはるかに困難となります。死後にも生活があり、そこでは地上生活の言動の一つ一つについての責任を問われるということを知れば、それからの人生観は一変するに違いありません。いえ、一変すべきなのです。『シルバーバーチの霊訓11』

って シルバーバーチの言葉もあるし・・・

世の中は学ぶためにあると捉えれば、苦しいことも辛いことも、深い意味のあることに変わってきます。
幼稚園くらいのレベルなら失敗も間違いもいっぱいするよね。
保護者である守護霊さんもガッツリ守ってくれる。

地上で学べる限り、いろんなことを学んでいきたいです。

[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-17 16:08 | スピリチュアリズム | Comments(2)

地縛霊予防

>大抵の人は、すっと霊界に上がれるような気がする。

>老後が長いとこの世の執着が薄れるのかなぁ。

>だってうちの施設、地縛霊いないもん。


って昨日のブログで、どや顔で自慢したことが恥ずかしいっっ・・・

うちの施設だからとか、病気が長いからという訳ではなく、これって霊界側の必死のフォローのおかげなのね。

今日の関西シルバーバーチ読書会で、死者の霊を地縛霊にしないために、霊界側が色々な救済をしている現実を教えてもらいました。

死んだことが分からないってことは、いきなり言葉のわからない外国に一人置き去りにされることと同じなんだって。

昔ミュンヘンの空港で一人迷子になったとき、パニックで泣き叫んだ、あれ思い出して、ぞっとしたわ。


常日頃から、入居者さんに 冗談っぽく

「いい人のお迎えがくるまで死んじゃいけませんよー。」

って言ったりして「死ぬのは恐くない」をアピってたりしたけど

一歩踏み込んで

「いい人が迎えにきたらちゃんと後をついていくんですよ。」

と一言付け加えておこう。

地縛霊予防、迷子霊予防のために!!


[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-08 22:15 | 仕事 | Comments(2)

また一人

地上生活の総決算をする時がきたとき、つまり地上に別れを告げて霊の世界へと移られると、誰がするというでもなく、自家作用によって、自分で自分を裁くようになります。その時の判断の基準は地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。世の中のためにどれだけ自分を役立てたかということです。『シルバーバーチの霊訓7』


また一人お年寄りがお亡くなりになった。

お綺麗で上品な顔立ちの女性だが、暴力や暴言も荒ましい方だった。

でもね、亡くなる前はかなり衰弱していたからか、皆にニコニコして「ありがとう」を連発してた。

亡くなったお顔も安らかで綺麗だった。手も中々冷たくならなかった。

ご家族さんも、「今まで苦しかっただろうによく頑張って生きてくれた」って。


霊になった今、自分を自分で裁くことになる。

旦那の浮気相手だと勘違いして、入居者女性や職員を追いかけ回して叩いていたことは、病気だったからお咎めなしかなぁ・・・


今、彼女をイメージしてもニコニコした顔しか念が来ないんだ。

きっと霊界で楽しくしていると思う。


大抵の人は、すっと霊界に上がれるような気がする。

老後が長いとこの世の執着が薄れるのかなぁ。

だってうちの施設、地縛霊いないもん。


[PR]
by chiririn9683 | 2017-04-07 21:00 | 仕事 | Comments(0)